九份観光、芋圓でスタート

こーんな景色をひたすら眺めながら、タクシーは、狭い山道を九份に向かい登っていきます。
沖縄と同じお家みたいなお墓が、たくさん山に建てられていました。
そろそろドライブも飽きてきた頃に、なんか九份っぽい雰囲気になってきたぞ。
どうやら着いたみたい!
What time? 10時20分!
約1時間で九份に到着です。
すごくない?朝、台湾にやって来たとは思えない、私たちの移動っぷり。

九份

運ちゃんはタクシーを駐車させ、こっちこっちと私たちを九份の街並みの入り口に連れて行きます。
半ば強引に展望台に上がらされ、「あらいい景色」と写真もとりあえず撮りましたが・・・。
ハイ、微熟女の警戒アラーム発動。
「やっぱりこの運ちゃんは、写真撮るのは上手いし、お土産屋さんに寄ったりもしなかったけど、
九份で馴染みにお土産物屋に私たちを連れて行くに違いない。」
運ちゃん、どこまでついてくるの…と一抹の不安を感じながら、
九份のお店の立ち並ぶ通りへ、運ちゃんと共に突入。
すぐ、九份名物スイーツ「芋圓」のお店に連れて行かれる。
芋圓、芋圓、食べたいよ、でもさ、ここの店、運ちゃんの友達がやってる店とか、そういうパターン??

九份,芋圓

運ちゃん、店の人になにやら注文。
芋圓が二つ出てきました。
「よくわからないけど、勝手に注文してる・・・。」(怯え気味)
いちお、お金を払おうとしたら、なんと運ちゃん受け取らない!
「???」の私たち。もうなんだかよくわからない。
過去の微熟女データをさかのぼり、この行為の意味するところを探る。
・・・わからない。
運ちゃんは、てきぱきとお盆に芋圓カップを二つ載せ、眺めのいいテラス席へ。
一つを自分の手に取り、もう一つに私たちの人数分のスプーンをセット。

九份,芋圓

もうなんだかわからないけど、おごってくれたっぽくない??
流れにまかせ、ありがとうを言い、素直に食べる少女が4人。いや、微熟女4人。
運ちゃん、自分の分のお芋のオモチ、ざばざば私たちのカップに寄付してくれるし 笑。
よくわからないけど、この人、ほんとのいい人なのかもしれない?
芋圓おいしい!ほんのり甘い芋の餅、甘すぎない小豆たち。
この手のお豆・あんこ系、甘いもの全般が苦手な旅友いるので、シェアできないからパスすることも多いんだけど、
今回の旅は、どっさりメンバー4人!いろんな食べ物にチャレンジできるね。
芋圓屋さんのテラス席から。見てよ!この味のあるいい景色。

九份

おまけ↓
九份,芋圓

コメント

タイトルとURLをコピーしました