子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

エスタテリゾート&サファリ⑩真夜中の奇跡

time 2016/11/24

エスタテリゾート&サファリ⑩真夜中の奇跡

※写真はイメージです。

眠れない…

おやすみなさい、とお互いのテントを暗くしたら、子どもたちはすぐに寝てしまいました。

私はしばらく眠れなかった。

眠れないと室温が気になってくるもの。やっぱり暑い!暑いというか蒸す!とテントの外側を下げ、網戸をやめて、再びクーラーを付ける。そんなゴソゴソ作業をやっていても、えるちゃんは起きる気配なし。疲れていたんだろうね。

テントは地面に近いからか、雨は止んでいたけど、湿気がすごかった。。

睡眠導入剤ものんでみる。早めに飲んでおけばよかった。

虫の声と、蛙の声と、たまに遠くの方で「ブォーオ!」とか動物の鳴き声がする。シーンとはしていない。

目をつぶり、眠れないと、不安なことばかりが頭をよぎる。

例えば、悪者がこのエスタテキャンプに現れたら、子どもたちを守れるのだろうか、とか、ジェイソンが来たらどうしよう、とか。

南京錠になにができるっていうんだ!テントという薄い寝床が無性に不安になってきます。

そんな不安が頭の中をグルグルしていた時、見回りの従業員がいるのか、他の宿泊者なのか、懐中電灯を持った人がテントの側を歩いている気配が。こわい!薄いテントじゃ、やられちまう!!

もうほとんど夢の中だったんでしょうね、この後眠りに落ちたようで、これ以上の被害妄想は覚えておりません。

真夜中に、トイレに行った人はいますか?

はい、います。

私と友達です。大人の二人が真夜中にお恥ずかしながら尿意をモヨオシ、限界を感じ、夜中に連れションしました 笑。

夜中の二時くらいだったかな。ふと、尿意で目を覚ます。

「まじか…ちょっとおトイレ行きたい気がする。気のせいだ、寝てごまかそう。」

眠れない。トイレに簡単には行けないと意識すると、さらに行きたくなる。やばい。これはやばいパターンだ。

30分位我慢してみるが、限界に達する。くそーっ!寝る前のビールめっ!!(自業自得)

勇気を振り絞り、テントから30メートル位離れたトイレに行くことを決意する。怖いよ~ 泣。

南京錠を開け、テントのジッパーをそーっと開ける。

すると、私の名を呼ぶ声が隣のテントからするではないか!!!!!(しかも、寝起きの声とは思えないはっきりした声)

真夜中のエスタテで、奇跡が起きました!タイの神様ありがとう!!

ママ友も尿意を我慢し、しばらく起きていたのだそうです 笑。ビールの力、恐るべし。

タイミングが一緒すぎて、ウケたわー!

行こう行こう、トイレにレッツゴー。懐中電灯を持って、二人で奇跡に感謝しながらトイレに行きました~!

雨は止んでいました。芝はぐちょぐちょ。

トイレへの道には、道標のように、ランプが並んで灯っていたので、真っ暗ではありませんでした。洗面棟も明かりは付いたままだし、全然怖くなかったよ。(と、友達と一緒だったから強気に言える。)

すっきりしたら、じゃあおやすみなさい、と各テントに戻り、ほっとしたからかすぐに眠れました。

子どもたちは、一度も起きることなく朝まで寝てくれました~。子どもの心配していたのに、大人がおトイレに起きちゃうなんて、まさかの展開だったわ。てへへ。

 

 

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link