子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

成田-バンコク間、子連れの6時間半フライト(中盤戦)

time 2016/11/23

成田-バンコク間、子連れの6時間半フライト(中盤戦)

※上の写真は今回の機内ではありません。

sponsored link

子連れフライト中盤戦(機内食終了後~静かな時間帯)

機内食終了後の機内

機内食が終了し、CAさんがだいたい片付けを終えると、だんだん機内の雰囲気が落ち着いてきます。

機内食後のトイレは激混みです。食後30分位は、常に4,5人並んでいます。

アルコールの飲み過ぎで、トイレ付近でぐったりしている人がいて、引きました…。(しかもその人、チャラい格好だったので若く見えたけど、子連れのお父さんだった…。日本人。この人、着陸後、すぐに機内で電話かけて話し始めたり、ちょっとアレな人でした。)

飛行中は、気圧が低いので、アルコールの分解、代謝にいつもより時間がかかり、酔いやすいです。気をつけてくださいねー。

食事を終え、みなさん、自分の時間を過ごし始めます。

寝る人多数。映画を楽しむ人も多数。

子連れでも、うちは小学生だから、それなりに静かに過ごせますが、小さい子連れの方にとっては試練の時間帯です。

タイ国際航空の機内エンターテイメントプログラム

できれば寝て欲しかったのですが(そのために空港行き高速バスで寝せなかった)、二人ともぜんぜん寝る気配なし。機内プログラムを楽しみすぎて、目がらんらん!

えるちゃんは、主に、映画「塔の上のラプンツェル」をやっていたので、それを夢中で見ていました。イヤフォンがヘッドフォンスタイルなので、子どもでもストレスなく音声を聞くことができていました。

「ラプンツェル」以外にも、「ズートピア」や「ジャングル・ブック」も上映されていました。

いやらしく後ろから人様のモニター画面をのぞき見していた結果、日本で公開中の「ジャングル・ブック」を観ている方が大人でも多かったです。

それと、最近、よく子ども向け機内プログラムで見かけるのが、日本でもテレビで放映されている「小さなプリンセス ソフィア」のお話。今回のタイ国際航空機内プログラムにもありました!

映画のカテゴリーではなく、ディズニー・チャンネルの中にあるので、なかなかたどり着きにくいけど、よく探してみると大抵あると思いますよ。でも、英語版しかないのが非常に残念。

ソフィア、女の子は好きですよね~。靴屋の庶民の母さんが王様に見初められて、子連れ同士で再婚したのに、全くドロドロしていない奇跡のプリンセス物語。虐待とかないです。いつもわたしも興味津々で、たまに際どいストーリーに色んな意味でドキドキしています。たまに、キンポウゲ、キンポウゲ、キンポウゲー!と叫びたい衝動に駆られます。

機内エンターテイメントのゲーム

201608%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af_5130エイチは映画が苦手なので、モニターをいろいろいじって、ゲームをやっていました。

ゲームの種類は、機体やモニターの新旧によります。だからいつでも、同じゲームができるとも限らないので、あてにできません。今回はけっこう、最新のゲームや種類も多かったように思いました。(ちなみに、帰国便ではこの写真のボクシングゲームは入っていなかった。)

小学生ぐらいになれば楽しめるゲームがたくさんあります。

幼児でも楽しめるゲームもいくつかありましたよ。

201608%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af_4184_0

こんなかんじの、リモコン操作しながら色を指定するぬりえとか。

絵が可愛くないんだ、これが。もっと子どもがそそる絵にしてほしいものです・・・。なんかIKEAにある遊べるやつに似ていました。

えるちゃんもお兄ちゃんの真似して、ゲームしていました。このぬりえを2,3枚やって、すぐ飽きてましたけど。

わたしが隣で世話してあげないと、ゲームもスムーズにできません。「動かない~」とか「これどうするの?」とか、いちいちやかましく、小学1年生にはまだ早いなと思いました。

リモコンの操作も難しいし、反応も悪いので、子どもイライラするかもしれません。機内のゲームは使えないと思っていたほうがいいです。親子でイライラするのはよくないですから。

子連れフライト中盤戦、総括

機内はめっちゃ静かです。

できるなら、子どもと一緒に寝ていたいです。

タイ国際航空の座席に配られていた毛布は、薄くて軽いのに、手触りもよく、とても暖か!

LCCでいつも寒い思いをしているので、この毛布があるだけで、よく眠れそう・・・と思いました。この毛布を使って、できるだけ寝ていたい時間帯でした。

朝も早く、睡眠不足気味のはずの子どもたちでしたが、全く寝てくれず、これは誤算でした。

タイは日本との時差が―2時間なので、着いて夜ご飯を食べに行く頃には、すごく眠たくなってしまうのでは、と心配に。眠たくなると、エイチは超機嫌が悪く、めんどくさい思考回路になるので。。

我が家は、LCCに乗ることのほうが多いので、機内エンタメサービスがある普通の飛行機に乗ると、うれしくなっちゃって、モニター画面で遊びまくるんですよ。。LCCだとサービスされない機内食を、ありがたや ありがたや~と喜んで完食するわたしとあんまり変わりませんけどねー。

寝なかったことを除けば、二人とも、とっても静かに過ごしてくれてありがたかったです。これもタイ国際航空の機内エンタメ様様。

エイチがここまで、一度もトイレに立っていないことが気になります。(母とえるちゃんは、既に2回も行っている。)

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link