誰も教えてくれない子連れ旅行のスーツケース選び。おすすめはこれ一択!

子連れ旅行におすすめのスーツケース子連れ海外旅行の知恵袋

お出かけ・旅行に便利な手持ち子連れバック(マザーズバック)についてはこちら▼

子連れ旅行とスーツケース

子どもを連れて海外旅行、国内旅行するとき、ボストンバック派ですか?スーツケース派ですか?

ベビーカーを携帯する頃は、スーツケースは邪魔に感じることも多いと思いますが、

子どもが成長するに連れて、子連れ旅行には、スーツケースがやっぱり便利だなと思う場面が多いです。

スーツケースだと、なにかと荷物の多い子連れ旅行、パッキングも楽ですし、重い荷物を担がなくて済みますし…。

それになにより、日常生活で使うことのないスーツケースは、子どもの旅行気分を上げるのにも、一役買ってくれるような気がします!

せっかくの家族旅行、みんなでウキウキしたいですよね!

お子さんと旅行を楽しむタイミングはこれから先もたくさんあります。

子連れ旅行向きのスーツケースは、早くから準備しておいて損はないです!

何度も子連れ旅行してきた経験から、子連れ旅行に適したスーツケースの選び方を解説します。

→私の子連れ旅行歴はこちら

「子連れ旅行のスーツケースを選ぶのに、そんなこと関係ある!?」と思うかもしれません。

「子連れなら乗れるスーツケースでしょ!」と考えたくなる気持ちも分かります。

幼児期から小学生へ成長する子どもたちと、何度も旅行してみたからこそわかったスーツケース選びのポイントを解説します。

また、今回私がイチオシするスーツケースは、子どもが幼児期を過ぎても、この先も家族みんなでずっと使えるので、長い目で見てコスパも良しです。是非参考にしてください。

おすすめスーツケースはここをクリックでワープ

自信を持っておすすめする唯一の子連れスーツケースはこちら

子どもはスーツケースが大好きです!

覚えておきたいポイント

子どもは、スーツケースが大好きです。

子どもというものは、スーツケースを引きたがる生き物なんです。笑

子どもはスーツケースが異様に好きです。

日常生活にないものだし、タイヤが付いているし、乗り物っぽいし…。

そして、子どもは、絶対にスーツケースを引きたがります!

好奇心で動かしたい上、お手伝いしているつもりだったりもします。

子どもにスーツケースを引かせるのは、いろいろ厄介なんですよね…。

でも、本人はお手伝いして「オレ、すごい」「オレ、活躍」と、感謝されると思っていますから…。

子連れ旅行にスーツケースを持っていく場合、まずは、子どもにスーツケースを引かせる覚悟を決めましょう。

子連れ旅行中の精神衛生上、その方がよいです。。

子連れ旅行のスーツケース選び

子連れ旅行でスーツケースを選ぶとき、誰も教えてくれませんが、この「子どもはスーツケースを引きたがる」という習性を踏まえるのが、実は大切なポイントになります。

子連れ旅行者のスーツケースの選び方

キャスターは4輪のスーツケースを選ぼう

子連れでなくても、スーツケースはスムーズに運べることが命ですよね!

スーツケースには、キャスターが2輪タイプのものと、4輪タイプのものがあります。

2輪タイプは、斜めに傾け転がすタイプで、小さい容量のスーツケースに多いですね。

出張で使う方が多いのではないでしょうか。

我が家にも夫が使っている2輪タイプのスーツケースがあったので、子連れ旅行に持って行ったことがありますが、ものすごく不便でした。

2輪タイプのスーツケースは、置いている時の安定感は抜群なのですが、

運ぶときは斜めにしないと車輪を転がすことができないため、特に子どもには難しい。

我が家の小学三年男子でさえも、うまく動かせませんでした。(アホ?)

そのため、親も子も、お互いめっちゃストレスになります!

繰り返しますが、子どもはスーツケースを引きたがる生き物です。

うまく動かせないのに、スーツケースを頑張って運ぼうとするから、お互いイライラです。

もし、2輪タイプのスーツケースを所有されていても、子連れ旅行の場合、利用するのはやめましょう。

ややこしいことになるの必須です!

4輪タイプの方が、4つのキャスターが360度回転するので、小回りがききますし、

斜めに傾けずに、そのまま押しても動くので、子どもの弱い力でも動かすことが可能です。

(スーツケースの中身が重い場合、子どもは動かすために力いっぱい押すので、共倒れして大変危険です。注意!何度か経験ありです。。)

キャスターは、4輪タイプのスーツケースが絶対です。

修理可能なメーカー・販売元を選ぼう

空港では、預けたスーツケースは、ぼんぼん放り投げられたりと、とても荒く扱われます。

さらに、子連れ旅行の場合、子どもたちにも荒く扱われるという事実があります。

子どもは頻繁にスーツケースを倒すのです。

子連れで旅行するまで、スーツケースを倒したことなんて私は一度もありませんでした。

しかし、子どもはびっくりするくらいよく倒します。

頑張ってスーツケースを運ぼうとして、倒しちゃうんです。

良かれと思ってやってくれてるんですけどね…。

ばったんばったん、どうでしょう、旅行中10回位は倒すかな。

そのため、キャスターやハンドル付近など出っ張っている部分は、倒した時の衝撃を受けやすく、壊れる可能性がとても高くなります。

こんなことも…

何度もスーツケースを倒してしまう自分にイライラしているえるちゃん。

慰めているように見せかけて、「スーツケースを引くのはオレの仕事だから手を出すな」という説得を試みるエイチの画。

兄妹がいると、「スーツケースはオレが引く!戦争」も勃発しやすいです…。

なんでそんなに子どもはスーツケースが好きなのだろうか!?

ボディ(側面)の強度に関して言えば、安いスーツケースも、ある程度のメーカーのものも、大差ないようです。(参照:the360.life「スーツケースNo.1決定戦」

重要なのは、ボディが丈夫かどうかよりも、壊れたときに、修理を受け付けてもらえるかだと思います。

スーツケースは、ばったんばったん子どもに倒されて、たとえハンドルが壊れてしまっても、修理できれば、長く使うことができます。

修理を受け付けてくれる、きちんとした販売元、メーカーのスーツケースを購入するようにしましょう。

先日、若かりし頃の旅の思い出の詰まった、安物スーツケースのキャスターが一つ割れてしまい、修理という選択肢もなく、キャスター以外は問題ないのに、買い替える羽目に…。

修理できれば、何度もスーツケースを買うより、経済的だと思いますし、

家族旅行の思い出が詰まった、愛着あるスーツケースを育てるのも素敵ですよね!

重要:キャリーバー(持ち手)の長さを自由に調節できるスーツケース

子連れ旅行のスーツケース選びの最重要項目は、

キャリーバー(持ち手)の長さを調節できること、です。

これはだれも教えてくれない重要なポイントです!

子どもはスーツケースをよく倒す、と上で書きましたが、

なぜ、子どもは、スーツケースを頻繁に倒してしまうのでしょうか??

なぜ、子どもは、スーツケースを運ぶのに、あんなにもたつくのでしょうか??

答えは、キャリーバー(ハンドル)の長さが、身長に合っていないからです。

大人でも、キャリーバーの長さ(高さ)によって、スーツケースが運びにくくなるのを感じたことはありませんか?

キャリーバーの長さがちょうどいいと、スムーズにスーツケースを動かすことが出来ます。

当たり前ですが、スーツケースは子どもが運ぶことを前提に作られていません。

だから、背の低い子どもにとっては、どのスーツケースもキャリーバー(ハンドル)の位置が合わないんです!

多くのスーツケースのキャリーバー(ハンドル)は、高低二段階の高さで留まる仕組みになっています。

しかし、高い位置で留めても、低い位置で留めても、身長の低い子どもにとってベストの位置ではないから、「スーツケースはオレが運ぶ!」と子どもが言い張っても、モタモタしたり、倒しそうになったりするわけなんです。

(何度も言います。子どもはスーツケースを引きたがる生き物です!阻止不可能。)

じゃあ、キャリーバー(ハンドル)を、子どもにとってちょうどいい高さに調整できるスーツケースを選べばいいじゃないか…という話になるのですが、

そういうスーツケースは、実は滅多に売っていません。

今まで何件もスーツケース専門店や、旅行用品売り場、ネットでも探しましたが、これがなかなかないんですよ。。

スーツケース専門店の店員さんに聞いてみたところ、キャリーバーの構造上、長さの調節は不可能なのでは?とのことでした。

その店員さんには言わなかったけど、実は、唯一、キャリーバー(ハンドル)の長さが調節できるスーツケースがあるんです…。

子連れ旅行なら、無印良品のキャリーバッグ(スーツケース)がおすすめ!

無印良品のスーツケースはキャリーバーの高さを自由に調節可能!

子連れ旅行に持っていくなら、ずばり、無印良品のキャリーバッグ(スーツケース)をおすすめします。

その名も【無印良品】バーを自由に調節できる ハードキャリーケース

サイズは、20L、36L、63L、88L、105Lまで5種類。

カラーは、ベージュ―、ネイビー、ダークグレー、ブラックなどベーシックなモノから、パステル調のものまであります。

キャリーバーの長さは、1cm刻みで調整可能。

私が知る限り、キャリーバーの長さを自由に調整できるのは、無印良品の「バーを自由に調節できるハードキャリーケース」だけです!

(他にあれば教えてください!)

子連れ旅行のスーツケース選びの最大のポイントは、キャリーバー(ハンドル)の高さを、好きな位置で留められるかどうかなので、【無印良品】バーを自由に調節できるハードキャリーケース一択となります。

無印良品のスーツケースは、子連れ旅行ポイント全て合格

無印良品の「バーを自由に調節できるハードキャリーケース」は、子連れ旅行のスーツケース選びのポイントを全てクリアしている最強のスーツケースです。

無印良品「バーを自由に調節できるハードキャリーケース」を子連れ旅行におすすめする理由
  • キャリーバーの長さを好きな位置で調節できる。(子どもも扱いやすい)
  • 壊れても無印良品各店舗で修理受付可能。(子どもが倒して壊れても安心)
  • ボディも頑丈。(子どもが倒しても大丈夫)
  • 四輪で軽くて静かで引っ張りやすい。(子どもにもママにも優しい)
  • ストッパー機能付き。(乗り物内、子連れでも扱いやすい)
  • 収納力も問題なし。
  • シンプルなデザイン。一時期でなく、家族みんなでずっと使える。(コスパ良し)

(以下の記事で、無印良品にスーツケースの修理について問い合わせした件、記載アリです↓)

何度かリニューアルもしていますが、キャリーバーの長さを好きな位置に変えることが出来る点は健在です。

無印良品のスーツケースは、リニューアルで、静音性や軽量化など、細部が改良されたり改悪?されたりを繰り返していますが、常に一定の水準はクリアしている安定評価のスーツケースです。

サムソナイトよりも無印良品!リモワと肩を並べる無印のスーツケース評価。

ぜひ、子連れ旅行のスーツケースを選ぶ際、候補に加えてみてください。

キャリーバーの長さが調節できることで、こんなにも違うのか…!と感じること間違いなしです。

【無印良品 公式】バーを自由に調節できる ハードキャリーケースはこちら

おまけ:子どもと一緒に無印良品の店舗で試してみた

なぜそんなに無印良品スーツケース推しなのかというと、もう何度も子どもたちとお店で試しているからです…笑。。

無印良品のキャリーバッグ

私も子どもたちも、何度も無印良品の店舗で実際にキャリーバッグを引いてみているのですが、これがほんとにすごくいいんです。。

ちょっと古い記事ですが、こちらに詳しく載せています。

手元のストッパーを押せば、四輪キャスターにロックをかけることができるので、勝手に動かず、安全だし、これは使いやすい。

子どもたちにも、「引っ張りやすい!」と高評価で、無印良品に行く度に、旅行用品コーナーで親子で動かしてみています 笑。

ぜひ、お子さんと一緒に試してみてください。違いを感じるはずです。

あぁ、喉から手が出るほど欲しいスーツケースです。。

(二、三年前に、コストコでスーツケースを衝動買いしてしまったので、壊れていないし、買うわけにいかないんです~。)

子連れ旅行のスーツケース選びは慎重に

子連れ旅行者のみなさん、くれぐれもスーツケース選びは慎重に!

子どもはスーツケースを引きたがる生き物です。

お手伝い感覚でスーツケースを引きたがります。

子どもの善意を無下にしたくないっていうのもあるけど、「やめろ」と言っても聞かないから 笑。

もう、引かせるしかないんですよ。観念しましょう。

楽しい旅行中、「スーツケースはオレが運ぶ問題」でイライラしないためにも、無印良品のキャリーバッグ(スーツケース)をおすすめします。

無印良品のキャリーバッグなら、子どもでも上手にスーツケースを動かせるので、むしろ、いい運び手になってくれるかもしれません。

旅行中、子どもの頼もしい一面が見れるかも!?

子連れ旅行、たくさんいい思い出ができるといいですね!

→「【無印良品 公式】バーを自由に調節できるハードキャリーケース」はこちら

▼子連れ旅行に便利な手持ちバックの記事はこちら ▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました