子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

成田-バンコク間、子連れの6時間半フライト(前半戦)

time 2016/11/23

成田-バンコク間、子連れの6時間半フライト(前半戦)

sponsored link

フライト前半戦(離陸後~機内食)

安全な飛行状態確保!になったら・・・

シートベルトサインが消えたら、子どもたちは早速オヤツ袋(巾着)を座席のフックに掛けるのが定番。なんかかわいくて、この図、好き。
別にサインが消えても、シートベルトは外さないけどね。

サインが消えたら、子どもたちも自由の身。リュックをガサガサして、持ってきたマンガや雑誌を取り出したり、テーブルを出してみたり。

CAさんたちもバタバタし始めます。飲み物とおつまみを配ってくれます。

ワゴンを横目でチェックし、飲み物は何にするか、子どもたちに訊いておきます。飲み物の種類は何があるかチェックできなくても、大抵、コーラとオレンジジュースはあるから、2択で迫っておきます。

実際ワゴンが来て、外国人のCAさんに何にするか訊かれて、まごまごするのはお母さんなんですけどね。自分の飲み物決めてないという…。

タイ国際航空バンコク行きのおつまみは、『味好み』みたいなやつでした、予習通り・・・。えるちゃん、味好み系大好きなので、がっつく。エイチは、モニター操作に夢中で食べず。今はいい、とオヤツ袋にしまう…、食いしん坊なのに!搭乗前におにぎり食べさせすぎたかしら?

機内食が始まります

飲み物の後は、すぐに機内食が配られます。

耳抜きという名目のお菓子をずっと食べていたため、子どもたちはお腹が空いていないよう。せっかくLCCにはない機内食が提供されようとしているのに、全く興味を示さない。それよりも、いじりだしたモニター画面に忙しそう。。

201608バンコク_3975えるちゃん用にオーダーしておいたキッズミールが、先に配られました。ありがたや~。(えるちゃん、目の前に来た機内食完全無視。)

開けてびっくり、なんか顔っぽい・・・。

ごはんよりも、おやつっぽいものがわんさかです。バナナもでかいし、少食のえるちゃんなら、このバナナ1本食べたら満腹になっちゃうかも 笑。

飲み物さっきサーブしてもらったのに、キッズミールにはさらにパックジュースが2つも付いています。ココアとオレンジジュース。

ごはん部分も、ケチャップご飯にハンバーグ、ウィンナー、卵焼き、ナゲット、ポテト・・・と、とりあえずどんな子どもでも、この中の一つは好きでしょ?って感じの内容でした。

なのに、えるちゃん、ごはんの部分はひとつも食べませんでした。オレンジジュースは飲みました。あと、バナナ。ほんとにバナナでお腹いっぱいになっちゃたのか、お菓子も全く手を付けず。飛行機は一生LCCに乗ってろ!って思いました。

よくわかんないんです、えるちゃんの食事のツボが…。とりあえず、お腹空いていなかったんだろうな。わたしなんてがめついから、出されたら無理してでも食べちゃうけどな。わたしには理解できません。

201608%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af_6056キッズミールに続いて、子どもだからでしょうか、大人と同じ内容の機内食ですが、辛くないものをということなのか、エイチにも先に機内食がサーブされました。内容は、照り焼きチキン丼でした。ありがたや~。

食いしん坊のエイチなのに、こちらも興味示さず。

いつもだったら、イェ~イ!とすぐに食べ始めるのに、『味好み』に続き、こちらもパスなの!?…と不安に思ったけど、そこはエイチ、出されれば食べます。がっつきはしなかったけど。

大人でも、お蕎麦やデザートまで完食するのって大変なのに、すごい、エイチ、全部食べちゃった。いや、いんげんと人参、残してるわ。

デザート、おいしかったそうです。

えるちゃんのキッズミールについているココアを狙うエイチ。お母さんに止められる。カロリー摂り過ぎだから!!

手を付けなければつけないで、ムムッとなるけど、完食されても、食べ過ぎじゃない!?と心配する…。ほんと親って自分勝手。

201608%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af_6762ちなみに私は照り焼きチキンじゃない方、ポークをチョイス。

タイっぽいカレー?じゃないけど、なに、これ。ちょっと辛くて、スパイスきいてて、おいしかったよ。

機内食に出てくるサーモンって、おいしいよね。今回の機内食にも、サラダに混ざってて、やっぱりおいしかった。

 

機内食について、あれこれ考える子連れ母さん

結局さぁ、機内食って楽しみではあるけど、子連れの場合、長時間フライトであっても、いらないかもなって思ってしまいました。

機内食でテーブル占領され立ち上がれないから、この時間の「おしっこ!」に対応するのはすごく大変だし、座席から脱出できたとしても、ワゴンが行き交うのでトイレまで行きづらい or  断念せざるをえない状況の時もあるし。

しっかり食事をすると、腸の動きが活発になるのは大人も子どもも同じで、機内食後のトイレ激混みの中、子どもの突然やってくる「…漏れそう」に対応しにくいし。

でも、3時間以上のフライトになると、機内食ないならないで、困るんだろうなー。LCCの経験では、いくらお菓子を食べていても、フライト開始から3時間位経った頃にお腹空くんだよ~。機内食は有料だし、建前では飲食禁止だし、で、飛行機降りる頃には、空腹で空腹で子どもはグズる。大人もちょっとグズりたくなる。子どもだったらグズりたい!早く食事にありつきたいーと思うけど、飛行機降りてから入国審査とか移動とかで、1時間以上、何も口にできないことが多い。

グアム便で出るような軽食でよくないか?簡単に配れて、すぐ片付けられるパックのサンドイッチとかで。フライト時間6時間位なら、それ2回やってくれればいいっすよ。・・・なんて、自己中心すぎか。

別に温かい食べ物じゃなくてもいいけどなー。今の機内食サービスがもうちょっと簡素化されれば、航空券も安くなるよね。

サービスを有料にするのがLCCならば、その中間くらいのがあったらいいのにな。

トランスアジアなんかはその路線行ってるつもりなんだろうけど、やっぱり機内食サービスのスタイルは変わっていないから、もっとお弁当配布とかで簡素化すればいいのに~経営難なんだからっ。そうよ、JALは空弁スタイルの機内食、やってるわよね!あれ、好きです。機内食、全部あんな感じでいいと思うなー!

機内食を終え、前半戦総括

機内食を終えるまでは、機内の雰囲気もわさわさしているので、あまり周囲に気を遣う場面は少なかったです。

CAさんも忙しそうに動き回っているし、寝ている人も少ない。けっこう大声で話しているおっさんとかもいたし。

子どもも、すぐにジュースが配られたりするし、目新しい座席のモニターなどいじったりできるので、退屈しにくい。間は持つ!

離陸で耳抜きがクリアできれば(離陸時はそんなに痛くならない)、搭乗から2時間は、余裕だったよ。

二人とも、小学生になり、膀胱が大きくなったのか、あまりトイレトイレ言わなかったのは助かりました。えるちゃんとお母さんで、ベルトランプ消灯後、すぐに1回トイレに行っただけでした。(実はわたしが一番トイレに行きたかったのだ!)

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link