子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

服装例付き!台湾・台北の季節と気候。台湾の天気予報の読み解き方

time 2017/04/27
更新2018/02/27

服装例付き!台湾・台北の季節と気候。台湾の天気予報の読み解き方

台湾旅行に限らず、どこかに出かける時、最適な服装をしていないと気がすまない私。。

寒かったり暑かったり、天気・気温に合った服装でないと、イライラしたり。

TPOに合ったコーディネートでないと、そんな自分に腹が立ったり 笑。

だから、特に楽しみにしている旅行前は、どんな服装にするか、コーディネートはどうするか、ひじょーに悩みます。(特におしゃれなわけではない。)

そんな、旅行前にやたらと天気予報や気温を気にする私が、

最近だいぶ分かってきた天気予報から分かる、台湾・台北一年間の天気と気温の実際の傾向をまとめてみたいと思います。

sponsored link

台湾・台北の天気予報から、実際の体感を予想する

季節によって、天気予報の何を信じればいいかは、微妙に違ってきます。

まず言っておきますが、台湾の天気予報はあまりあたらないけど、台風の情報は信じて用心しましょう。

 

以下は私の独断で、季節を割りふってみたものです。

天気予報を元に、実際の天気・気温・体感の傾向、服装選びの注意点をまとめてみました。

【春】台湾・台北3月中旬~4月中旬の天気と服装

天気と気温

  • 晴れの天気予報は、信じてOK。晴れる!
  • 雨や曇の予報の場合は、どんより曇りの一日に。いつ雨が降ってもおかしくない曇空だが、一日雨の予報でも、降らずにもつことも多い。

注意すべきは、気温です。日々の気温の変動が、一年の中で一番大きい季節です。

暑い日は初夏のよう。

しかし、日本でも春に雪が降ることがあるように、台湾でも極寒になることも。

参考1:2017年3月28日付「気温低下注意を促すニュース」(台湾大紀元新聞ニュース)

冷たい雨が降り、気温が10度~13度に下がる、とあります。

参考2:2017年3月21日付「台湾北部に寒さ戻る」のニュース(フォーカス台湾)

写真のかわいい台湾女子も、ダウンと厚手のマフラー着用。ほんとかわいいなぁ 涎。

週間天気予報が雨で、予想最低気温が13度前後の場合は(滅多にないと思いますが…)、私のいちおし、ウルトラライトダウンジャケット(ユニクロ指定)を持参したほうがよいでしょう。

夏以外の季節に言えることですが、雨の日の気温予想の仕方は、天気予報の「予想最低気温」に注目することです。

夏以外の雨の日の気温は、予想最低気温から上がらないと考えたほうがいいです。

逆に、特に3月後半~4月中旬の晴れ予報が出ているときは、いきなり夏日の可能性もあります。

参考:2017年4月11日付「台北で今年初の猛暑日」のニュース(フォーカス台湾)

この時期は、本当に気温の変化が激しく、旅行者は気をつけなくてはなりません!

服装・コーディネート

雨の予報がなければ、長袖Tシャツor七分袖 + パーカー、軽めのジャケット類のコーディネートがおすすめ。

詳しくはこちらの記事 ↓

半袖を1枚持っていくのはいいけど、半パンはまだ早いと思います。

朝は冷えるし、ジリジリ暑い時間帯は、昼間の1~2時間だけです。

3月下旬台湾服装コーデ

上の写真は、3月下旬の夜市にて。時間は20時頃。

カーディガンやジャンパー類を着ている人が多いです。3月下旬台湾服装

続きまして、3月下旬の午前中、中正紀念堂の公園にて。

快晴ではありませんでしたが、上着なしでも快適。長袖シャツ、七分袖シャツ。

 

【夏】台湾・台北4月下旬~9月の天気と服装

天気と気温

  • 晴れの予報は当たる。めちゃくちゃ暑い一日になる。午後、スコールのような土砂降りがあるかも。しつこく降り続くこともあるので、晴れの予報でも、折り畳み傘は必須。晴雨兼用傘があれば尚良し。
  • 一日中、雨の予報だったり、曇/雨の予報の場合は、雨が降ったりやんだり、しとしと、日本の梅雨のような一日に。天気予報の通りだと思います。

ただ、台風と夕立を除き、ザーザー雨が一日中降り続くことは、あまりないんじゃないかなぁ。

一日中雨の予報でも、雨がやむ時間帯があると考えていい。折り畳み傘が便利。

私は台湾で、長い傘を持ち歩いている人を見たことがありません!

 

ジメジメと物凄い湿気と高温で、不快指数100%。バテる。

地下通路などを利用して、さわやかに過ごす工夫を。

服装・コーディネート

日本の真夏の服装でOK。

日差しは刺すように痛いので、日焼け止めや帽子、日傘、サングラスなど日除け対策を。台湾は日傘率高いです。

台湾8月服装コーデ雨が降ると、舗装された通路にも、大きな水溜りがあちこちにできます。

地下通路もこの通り。8月中旬、16時のスコール中避難した地下通路の写真です。

子どもは水溜りが好き…。

足元は、雨に濡れても大丈夫な、クロックスなどのサンダルがいいと思います。すぐ乾くし。

男性女性とも、肌の露出度高めでも普通。

台湾の女性は、短さ競争をしているのかと思うほど短いショートパンツをはいているので、特に脚の露出度は高くても浮きません。(どうでもいい話だが、触れずにはいられなかった。)

冷房対策のため、羽織モノ必須です。空港、飛行機内の冷房は、かなりきついです!

この時期の機内で、ダウン着ている西洋人を見たことがあります。。

【秋】台湾・台北10月~12月上旬の天気と服装

天気と気温

  • 晴れの天気予報は、信じてOK。晴れる!

気温は予報よりも、高くなる時間帯も。ただし、高温の時間帯はそんなに長く続かないので、半袖で出かけると、寒い思いをすることに。

ジリジリとした日差しの南国を味わえる時間帯がある秋という感じ。…湿度が高いので、秋というより、夏が始まりそうな予感のする気持ちのよい季節。

確かにこの時期は過ごしやすく、台湾旅行のベストシーズン。

朝~午前中はちょっぴり冷える。夜は昼間の残った熱と湿度で、意外とムシムシする。

  • 一日中、雨の予報や曇り/雨の予報の場合は、どんより曇りの一日に。雨は降りそうで、降らなかったり。いきなりおひさまがのぞいたりすることも。

降ったとしても、小雨が降ったりやんだり。傘をさすのもめんどくさく感じる雨。

予想気温は低くても、湿度があるからか、そんなに寒く感じない。ムワっとする。

服装・コーディネート

おすすめは、七分袖+パーカー、薄手のウィンドブレーカー等。暑がりの方は、半袖Tシャツに長袖シャツを羽織っても。

一時的に暑くなった時のために、対応できる服装を。

台湾11月服装コーデこちらは11月中旬。台北じゃないけど九份にて。夕方です。

この時期の服装ポイントがよくわかる、見事なまでの三人三様の服装…。

短めのズボンを履いてますね。

【冬】台湾・台北12月中旬~3月上旬の天気と服装

天気と気温

  • 晴れの天気予報は、信じてOK。晴れる!

気温は予報よりも高くなる時間帯もあるが、朝晩は冷えて寒い。

陽が陰ると、一気に寒くなる。日中も日陰や風が吹いたりすると寒いので、服装は油断しないこと。

  • 天気予報が雨や曇りの場合は、どんより曇り空で、いつ雨が降ってもおかしくない空なのに、雨が降らずにもつことも。

雨は降っても、小雨が降ったりやんだりで、傘をさすのもめんどくさく感じる雨。

濡れると寒いので、折り畳み傘やレインコート風羽織りモノで対応を。

注意したいのは、雨やくもり予報の日の気温です。天気予報の予想気温より、低めに感じます。

予想最低気温が一日続くと考えた方がいい。

予想最高気温をあてにして服装選びをすると、風邪をひきます。信じちゃダメ。

服装・コーディネート

長袖トレーナー+長ズボン+ウルトラライトダウン(ユニクロ指定)。

詳しくはこちらの記事 ↓

毛糸モノは暑く感じることがあるので、綿素材の方がおすすめ。ニットよりも、トレーナー、長袖Tシャツで。

肌が出ている部分は寒い!

台湾だからと油断せず、特にスカートの場合には、ストッキングやタイツを着用しましょう。靴下だと肌が出ている所が寒い。

長ズボンの方がおすすめです。

台湾2月服装

服装失敗例がこちらの写真。

2月の中旬、朝の9時頃です。

えるちゃんの足、めちゃ寒そうで、靴下を精一杯伸ばしています。

このような、風を通す軽い上着、パーカー類じゃ寒すぎます。

しっかり冬用ジャケット(ユニクロのウルトラライトダウンを熱烈プッシュ)を持参しましょう。

この後、えるちゃん、熱が出ました。。

参考記事 ↓



まとめ:台湾の天気と服装

当たらないと言われる台湾の天気予報。

確かに、雨予報は曇りの場合が多い…。これはうれしいハズレですよね。

一日雨の予報でも、気を落とさずに、旅行計画を楽しみましょう!

旅行中の天気や服装に悩んだ時には、いくつかポイントをおさえれば、天気予報もだいぶ参考になります!

最後に、台湾・台北の天気予報の参考にしているサイトを貼っておきますね。

日本気象協会 tenki.jp 台湾・台北の天気

AccuWeather 台湾・台北の天気

特にtenki.jp は、予報と現況が確認できるので、参考になります。矛盾をお楽しみください。

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link