子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

あっという間に搭乗時間

荷物を預ける

第1ターミナル、久しぶり過ぎて、まるで初めて来たかのような緊張感。子ども二人連れて、頼れる大人は私だけ…。

第1ターミナルの勝手がわからないので、バスから降りたら、とっとと預け入れ荷物を預けに、タイ国際航空のカウンターへ向かいます。
11時発の飛行機だったから早いかなと思ったけど、大丈夫だった。
今回は、座席指定の関係もあり、Webチェックイン済だったので、荷物だけ預ける列に並びます。

Webチェックインしておくと、早い??

結局並ぶしさー、当たり前だけどパスポートとか確認するしさー、大して時間短縮にならないと思うのは、たまたま荷物用カウンターが混んでいたからかなぁ。わからん…。

まぁいろいろ事前に確認できるから、安心できていいんだけど、子連れだし、時間には余裕を持って行動しているから、便利さがあんまりわからない。(そもそも最近普通のレガシーキャリアに乗っていないから。。)

さっさと保安検査に向かう

時間はたっぷりあるけど、子どももいるし、第1ターミナルをうろうろ探検する気にもならず、さっさと搭乗エリアに移動することに。

スーツケースを預けたら、保安検査に向かいます。

ペットボトルの水も三人で飲み干し、OK。

最近ではエイチも慣れたもんで、言われなくてもリュックから手際よくiPadを取り出し、かごへ。小学生ってすごい。それに対し、お母さんは、なんだかあたふた。なんでだろう、保安検査ってあたふたする・・・。しません?

子ども二人は、ふつうにセキュリティーゲート通過。

わたし、人生初、ひっかかる。

若い保安検査のおねえちゃんに、やさしく全身をボディチェックされ、なんかいい気持ち 笑。これ、男性はたまらないんじゃない?笑。

なんかよくわかんないけど、解放され、子どもたちと合流。心配症のエイチに「どうしたの?」と不安そうに質問攻めにあう。

質問をよそに、お母さん、さっきのボディタッチがやさしくて気持よくてふわふわした気持ちでにやにや。。

続きまして~、出国審査へ

荷物を装着したら、今度は出国審査へ。

エイチは最近、中国人に対してのあたりが強い…。出国審査の列に、中国人っぽい団体がいると、すぐ文句言う。うるさい、だの、横入りしてきた、だの、あることないこと被害妄想…。その度に諭すのが大変。ちょーめんどくさい男。

HSPゆえ嫌なことにも気づきやすい。何度か中国人で嫌な思いしているのはわかるけど、こういう場所では本当に厄介。

親子三人まとめて、出国審査してもらいます。便利~。

えるちゃんは小さいので、抱っこして顔を見せたりして。

自動化ゲート、毎度登録したいなーと思うのですが、今度大人と来た時にやってみよう。

搭乗エリアに移動

わたし、免税店、全く興味ありません。化粧品もブランド品も興味ありませんから。

ただ、今回は、タイの友だちから、お世話になるドライバーさんに手土産を…とのことだったので、1000円以内で甘いお菓子を買っていく、というミッションがありました。

img_6718まさかこの店でなにか買う日が来るとは思っていなかったわ…。

店名「AKIHABARA」…。外国人だらけ。

『東京ばな奈』を狙っていたけど、でかい1200円のしかない。子どもたちも一緒に、どれにしようか選びます。

試食が多いんだよね、免税店のお菓子コーナーって。でも、ここのは店員さんがお盆に乗せて試食させていて、あまり子どもが試食できる雰囲気ではなく、エイチはがっかりしていました 笑。遠慮がちだから。「試食できねーし!」ってグズってました。。

結局、なんか怖い浅草名物人形焼を600円で購入。…こ、これ、もらって嬉しいかな?タイの女性ドライバーさん…。

img_6719

歌舞伎の展示&ショップで、外国人に紛れながら、歌舞伎役者メイク疑似体験顔ハメ撮影などして、軽く遊ぶ。

エイチさんもえるちゃんも、まぁまぁ楽しそう。

成田空港のターミナルって、こういう展示があったり、撮影用舞妓さんが歩いていたり、日本の文化に親しめて、子どもにもいいよね。

今回のタイ国際航空の搭乗口は、遠い。第1ターミナルの最果てです…LCCじゃないのにさぁ。いつもLCCで歩かされている身としては、普通の飛行機に対しての期待が膨らみすぎ、ちょっぴり残念な気持ちに。

えるちゃんとわたしは、キョロキョロしながら歩きます。

エイチくんは、前しか見ません。目的地を目指し、もくもくと歩きます。

だからだんだんエイチと私たち、少しずつ距離ができてしまいます。。そんな状況に、待てない男エイチがぐずり出します。

(別にいいじゃんねぇ、ちょっと離れたくらいでさぁ。)

飲み物が欲しくて、自販機で買おうとエイチに声をかけても、無視。ずんずん歩いて行っちゃいます。はぁ、めんどくさい男。なんでそんなに早く搭乗口に行きたいんだよ。

わたしもだんだんムカついてきますよ。えるちゃんと飲み物を買い、遠く小さくなったエイチを目で追いかけながら、歩く歩道を急ぎます。

追いついて、捕まえて、お説教開始。人目も気にせず、怖い顔で怒ります。

「これから外国に行くのだから、一人で先に行ったりしては危ないよね?」「どこが目的地か分かっていないくせに先に行くな」

楽しいタイ旅行、空港からこれじゃ、先が思いやられます…。お互いの言い分を伝え合い、謝るところは謝って納得して仲直り。毎度しんどい。このやりとり。

三人で気持ち新たに搭乗エリアに向かいます。

搭乗エリアで朝ごはん

ようやく最果ての搭乗エリアに到着。

10時も過ぎ、ちょうど小腹も減ってきました。

空港は軽食買うにしてもすごく高いから、わたし、おにぎり握ってきたのよ~。食べようぜ!しかもみんな大好き魚肉ソーセージも持参だぞ。

img_6720いつもの手作りおにぎりの登場に、一瞬「それかぁ」という表情のエイチとえるちゃんだったけど、魚肉ソーセージ見て、テンションアップ!彼らにとっては、1本そのまま食べられるなんて、ごちそうなんです 笑。

わたしもお腹空いていたので、おにぎりをがっつき、「安く上がったわ・・・」と感慨深くほっとしていたら、エイチが「白いブラックサンダーが食べたい」とグズる。

すぐそこの売店で売ってたんだよね…。

ブラックサンダーと言えば、安い駄菓子ではないか。それが白くなったくらいで、そんなに値段も上がらないだろう、と、ご機嫌モードを維持したいお母さん、買ってあげることにする。

ミニサイズが10個ぐらい入って300円超え・・・。これって高い気がする・・・。失敗でした。こういう出費が家計を圧迫するのです。でも、まぁ子どもたちがうれしそうですし、タイに着いたらお友達にもあげるんだ、と大切にお菓子袋にしまっていたので、よしとしましょう!

そうこうしている内に、11時も近づき、搭乗開始です!

最後のトイレを済ませて、搭乗の列に並びます。

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link