子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

どこよりも詳しい台北地下街〈Y区〉情報 地図、出入り口、お店まとめ

time 2017/09/15
更新2018/01/16

どこよりも詳しい台北地下街〈Y区〉情報 地図、出入り口、お店まとめ

※画像は台北地下街さんよりお借りしました。素晴らしすぎる地図!

sponsored link

台北駅地下街

台北駅の地下街は迷宮!?

台北駅には、広い広い地下街がぶわーっと広がっています。

何度も台北に行っていて、毎回どこかしらの地下街を通ったり、買い物したりしているんだけど、いまいちわかっていない台北地下街。(方向音痴だからというのもあるのですが…。)

なかなか、求めるような詳しい情報がないのも台北地下街。。

台北地下街は、Y区、K区、Z区、R区とエリア分けされており、位置関係さえわかれば、攻略できるはずなんですがね。。

台北地下街地図ざっと各エリアをご紹介。

Y区

市民大道という大きな道路の真下エリア。

Z区

忠考西路一段という大きな道路の真下エリア。「站前地下街」とも呼ばれている。

K区

誠品站前地下街。台湾のおしゃれ書店・誠品書店が運営している地下ショッピングエリア。

R区

台北駅から中山駅・雙連駅につながる地下街。

中山駅―雙連駅間(R7-R9間)は、2017年夏、中山地下書店街「誠品R79」として、誠品書店がプロデュースしてさらにきれいに。

地図上Mのエリア

台北メトロ(MRT)のエリア。板南線、淡水信義線台北駅構内。

今回は台北地下街〈Y区〉をクローズアップ!

台北駅地下街で一番長い距離(面積)があるのが「Y区」です。

地下一階が地下街、地下二階が駐車場になっています。

Y区は、他の地下街にはない、秋葉原のようなマニアックなお店が連なるのも特徴。

オタク系のお店ばかりでなく、プチプラファッション、激安子ども服、パソコン周辺機器やガジェット用品、水晶などのお土産屋さんなど、Y区内でも場所によって様々なお店がたくさん営業しています!

台北駅地下街で、一番楽しめるエリアが、Y区ではないでしょうか。

今回は、そんな台北駅地下街の〈Y区エリア〉に切り込んでいきたいと思います!



台北駅地下街〈Y区〉観光客に便利な出入口

観光客の役に立つ、Y区の便利な出入口をまとめました。

奇数出口は市民大道北側エリア、偶数出口は市民大道南側エリアになっています。

台北地下街Y区エスカレーター、エレベーターの有無は、こちらを参考に。

この案内の通りか、全て現地で確認できなかったので、参考情報くらいで~。

出入り口には、必ずしもエスカレーターがあるとは限らないので、スーツケースを運んでいる場合はお気をつけください。

けっこう階段、急で段数多いんだ。。

駐車場出入口になっている場合は、たぶんエレベーターがあるはず…。B1が地下街階です。

夜中の0時~早朝6時までは、地下街に入れない…と思います。この時間はエレベーターが地下街のあるB1階に止まらないので。不確かですみません!

写真、あるもの載せます。随時更新します。

Y1

台北・中長距離バスステーション(注:桃園空港行きバスは別ターミナル→Y2)

Y2(M1)

台鐵・高鐵 台北駅、微風台北車站モール(地下直結)

台北メトロMRT 淡水信義線、板南線 台北駅

台北地下街R区(中山駅、雙連駅へつづく地下道。中山地下街・中山書店地下街・誠品R79)

國光客運1819 桃園空港行きバスターミナル(注:向かいのM2エレベーターなら、バスターミナル内直結)

Y3

Qスクエア〈京站時尚廣場〉(地下直結)

Y5

Qスクエア〈京站時尚廣場〉(地下直結)

パレデシン・ホテル〈君品酒店〉

Y4&Y8

台鐵・高鐵 台北駅、微風台北車站モール(地下直結)

Y11、Y12、Y13、Y14(Y12uは地下内「桃園MRT台北駅」最寄連絡口)

桃園空港線MRT 台北駅

インタウンチェックイン

おすすめはエレベーターもエスカレータもあるY13

台北地下街Y区出入口 台北地下街Y区出入口台北地下街Y区桃園MRT

Y15

華陰街・太原路の問屋街エリア

Y16

桃園空港線MRT 台北駅、

インタウンチェックイン連絡通路あり。

Y17

華陰街・太原路の問屋街エリア台北地下街Y区出入口

フォーチュンハイアホテル〈福君海悦大飯店〉

 

 

Y18

桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり(インタウンチェックイン最寄り連絡口)

Y20

桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり

重慶北路一段、重慶南路一段

Y22

桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり

 

Y24

桃園空港線MRT 台北駅、インタウンチェックイン連絡通路あり

歴史建造物「北門」

台北郵便局

延平南路、博愛路方面

Y28

MRT松山新店線 北門駅(地下直結)

台北駅地下街〈Y区〉お店紹介

地下街のお店は、だいたい11時頃から営業開始。

アキバ系のお店に関しては、午後12時過ぎからの営業です。

台北地下街Y区  台北地下街Y区

午前中は閑散としています。朝なんて、ヤバイくらいのひと気の無さで、ちょっと怖いくらいです…。どちらの写真も、朝8時頃のY区の様子。エリアによっては、照明も落とされています 汗。

ショッピング目当ての方は、午後の方が、確実。活気があって楽しめると思います。

Y1~Y10:ファッション関連エリア

台北駅地下街Y区  台北駅地下街Y区

台鉄台北駅、台北メトロ(MRT)台北駅寄りのエリアは、プチプラファッションのエリアです!

洋服は200元前後、アクセサリーやバックなどファッション小物も100元前後のものが多く、激安。

台北駅地下街Y区子ども服  台北駅地下街Y区子ども服  台北駅地下街Y区子ども

子ども服、子ども靴など、どこかで見たことのあるような?キャラクターの子ども用品も充実しています。

 

私のイチオシは、靴・サンダルですね。200元前後。

靴屋さんは、Y区でなくても、だいたいどこの地下街にもたくさんあるんですけど、

置いてある商品・値段はほぼ同じだから、どこで買っても大差ない。

ためし履きもガンガンして大丈夫だし、サイズも言えば出してくれる。ほとんどの店員さんは片言の日本語ができるし、英語も通じます。

台北地下街サンダル必ず1足は買っちゃう。一度に4足買ったこともある 笑。

今年の夏は、このサンダルを200元で買いました。

もともと台北地下街でサンダル買うつもりだったので、スニーカーしか持ってきていなかったの。

翌日から大活躍 笑。

Y区は、掘り出し物ショッピングが楽しいエリアです。

しまむらとかで掘り出し物を見つけて喜べる人は楽しいはず。

(洗練されたショップでお買い物を楽しみたい方は、台北地下街K区がおすすめです。)

Y11~Y20:文房具、ガチャガチャ、水晶などお土産、マッサージ、アキバ系のもの

Y11寄りは、おばあちゃんっぽいお店が多い。水晶とかお守り?とか、包丁でトントンするマッサージ屋さんとか占いとか。

台北駅地下街Y区  台北駅地下街Y区

Y12uには、新しく開通した桃園空港線MRT台北駅の一番大きな連絡口があります。

ここを登っていけば、桃園MRT台北駅です。

他にも、桃園MRT台北駅への連絡口はありますが、Y12uが一番大きく、わかりやすいです。

台北地下街Y区桃園MRT

Y12の辺りにあるパクリっぽいキャラ小物屋さんは、なかなかおもしろい。台北駅地下街Y区

子どものものがほとんどなので、子連れ旅行者におすすめです。

7歳になり、悠遊カードデビューしたえるちゃんに、シリコン素材のパスケースを買ってあげちゃいました。100元也。すごく喜んでいました(^^)

それにしてもこのエリアは、やたらとガチャガチャが多い!

99%日本のガチャガチャ。日本より割高。

特にマニアックなものではなく、普通のマスコットだったり、ミニチュアだったり、食品サンプルだったり。需要あるの??

台北駅地下街Y区  台北駅地下街Y区

ガチャガチャが100台くらい置いてあるだけのお店とか、もう、すっごい数のガチャガチャを子どもたちに付き合って見続けていたから、

コップのフチ子さんが現実に出てきちゃったのかと思いました。

台北駅地下街Y区うちの子たちは、ガチャガチャにそんなに興味ないのでよかったけど、(買ってもらえないとわかっている)

ガチャガチャに目がない子は、ここの通りを前進させるの大変だと思う~。子連れ要注意エリアかも。

実際、ガチャガチャの前で駄々をこねている日本人の男の子を見ました 笑。

文房具やファンシー雑貨を売っているお店も多いです。日本でも売っているものばかり。

スマホやパソコン周辺アクセサリーを売っているお店もありました。賑わっていました。

台北駅地下街Y区  台北駅地下街Y区

最近、ガジェット屋さんで必ず売っているハンドスピナーも、がっつり売っていました。

日本よりだいぶ格安!

小4男子のエイチさん、ずっと欲しかったので、お小遣いでゲットしていました。156元。おまけでハンドスピナー用スタンドももらえて、ホクホク。

台北駅地下街Y区

Y20に近づくほど、ディープなアキバ系のお店が増えてきます。こういうお店ね。

フィギュアやDVDなど、日本のアニメやゲームのものがほとんどです。日本語が溢れまくっています。

興味がなさすぎて、写真を撮るのを忘れてしまった。

お店に入っていくのは、全然アキバっぽくない、健全そうな若者ばかりでしたー。

台北駅地下街Y区Y区のアキバ系エリアは、ほとんどのお店が午後から営業なのか、午前中はシャッターばかりで閑散としています。

この写真は、午前11時頃の様子。

興味のある方は、夕方の時間帯のほうが、たくさんお店が開いていて楽しめると思います。

Y21~28:飲食店エリア

アキバ系エリアを抜けると、急に飲食店がたくさん現れます。

この辺りも、時間帯に寄るのでしょうか、人はまばら。

台北駅地下街Y区  台北駅地下街Y区

台北駅地下街Y区

魯肉飯など台湾料理のお店もあったけど、異国料理屋さんが多い印象。

輸入食品を扱う雑多なキオスクっぽいお店もいくつか。

飲食店エリアではあるけど、台湾にいるのに、台湾とはまた違う異国を感じるエリアです 笑。

ベトナム料理、インド料理、パリのカフェのようなお店、そして定食やラーメンなどの日本料理屋さん…。

どのお店もあまりお客さんが入っているようには見えなかったなぁ。台湾にいる外国人向けのお店が集まるエリアなのかもしれません。わざわざ観光客が食べに行く場所ではない気がしました。

台北駅地下街Y区唯一気軽にテイクアウトで購入できそうだったのが、このお店。

ジュース屋さんかな。

閑散としたエリアの割に、ここのお店だけは混んでいました。

そう言えば、地下街には、あまりテイクアウト専門のお店がないですね。

飲食店のほとんどが、しっかり店内にイスとテーブルのある店構えでした。

Y区のこのエリアには、メイドカフェがあるときいていたのですが、やはり午前中はシャッターがばっちり閉まっており、メイドカフェっぽい雰囲気も外観も全くわかりませんでした 悔!

飲食店街も、お昼12時を過ぎないと、活気づかないようです。

台北駅地下街〈Y区〉おまけ情報

地下街の途中には、イベントスペースがいくつかあります。

小さなステージがあったり、コンサートや発表会、土日は販促イベントなどが行われています。

気軽に借りることのできるイベントスペースなのか、明らかに素人の方の単独演奏が披露されていたり、町内会のような老人会のような不思議な雰囲気で、無性に気になる空間なんです 笑。だいたい観客は0。

いろーんな人が、このスペースで色々やってるんですよ。上手い下手関係なく。ダンスだったり、演説だったり。ちゃんと音響設備使ってね。

パワフルな台湾らしさを感じれるスペースなので、ちょっと気に留めてみてくださいね。

終わりに:台北駅地下街〈Y区〉

台北駅地下街Y区特集、いかがでしたでしょうか。

どんなお店があるのか、なんとなく雰囲気掴んでいただけたかな。

Y区は、掘り出し物ショッピングが楽しいエリアです。

この値段で、このデザインなら買いでしょ!みたいな、発見が楽しいのです。

もっと洗練された、台湾オリジナルショップでお買い物を楽しみたい方は、あの蔦屋書店も視察に来たことがあるという、台北の最先端を行く「誠品書店」が運営している地下街「K区」がおすすめです。

 

しかし、メイドカフェの外観だけでも拝めなかったのが心残りだ…。

台北駅地下街攻略シリーズ、順次、別のエリアもまとめていきたいと思います。

台北駅地下街を全て攻略することができたら、台北ショッピングはもっと楽しくなるはず…!自分のためにもがんばります。けっこう疲れた 笑。

→こちらの記事もおすすめ!『MRT空港線利用者におすすめ!魅力満載「北門駅-台北駅間エリア」』

sponsored link

コメントを残す

子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

子連れタイ旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link