子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

解説!新・國光客運台北駅『桃園空港行き1819』バス乗り場について

time 2017/04/10
更新2018/02/13

解説!新・國光客運台北駅『桃園空港行き1819』バス乗り場について

sponsored link

新・國光客運台北駅バス乗り場

注意!!:H29年3月、國光客運1819桃園空港行きバス停は移転しております。台北駅東三門(SL展示の所)ではなく、そこから北に進んだ「台北駅東一門」に新しいターミナルができております。

詳しく以下にまとめました!

國光客運って…。神じゃないかも。。

最近、気になって調べているのですが…

新しくできた國光客運台北駅バスターミナルの「國光客運1819」乗り場についての情報が、わかりにくいんですよね~。

以前、『新・國光客運1819桃園空港行き台北駅バスターミナルが神の予感…!』という記事を書いたのですが、それ以降の情報は全くなく。。。

國光客運の公式サイトを見ても、いまいち外国人旅行者にはわかりにくい…。

台北駅に立派な新バスターミナルを完成させたのに、詳しい情報は一切なし 笑。

口コミを見る限り、外国人旅行者の対応がいまいちのようで、ちょっと心配になってきました…。

全然、神じゃないかも。ラウンジもまだ完成していないみたいだし。。

2017.9月追記:予感は的中。2017年夏に利用してみた感想はこちら。

台北ナビさんあたりが、詳しく特集記事にしてくれるだろうと期待したけれど、國光客運台北駅バス乗り場については、かなりサラッとした注意書きがあるだけで。。(写真は新しい建物の写真に差し替えられていた!その辺はさすが。)

リンク先が國光客運のサイトだから、結局わかりにくい。

 

もっとわかりやすい情報にまとめてみようと決心しました。方向音痴の自分のためにも。。

トップの画像は、方向音痴の私が、台北MRT台北駅、桃園MRT台湾駅、台灣鐡道台北駅、そして台北駅國光客運バスターミナルの位置関係をひと目で分かるよう、台北地下街さんの地図を加工させていただいたもの。わかりやすいでしょ?

國光客運1819台北駅バス乗り場

2017年3月新建物完成!國光客運1819台北駅バス乗り場

台北駅に隣接する國光客運のバスターミナルには、桃園空港行きリムジンバス(國光客運1819)が24時間発着しています。

國光客運1819は、LCCの深夜早朝便を利用する台湾旅行者にとって、非常に重要な桃園空港までの移動手段です。

その國光客運1819が発着する台北駅バスターミナルが、2017年3月に移転。新しい建物ともオープンしました。

國光客運1819台北駅バス乗り場 過去~現在

過去の話(今は移転しているので要注意)

2016年10月以前、國光客運1819の台北駅乗り場は「國光客運西站A棟」、深夜の時間帯に限っては「國光客運西站B棟」でした。(A棟、B棟で別の建物。もうこの時からややこしい。当時のバス停の台北駅地下最寄り出口はZ3。)

数ヶ月前で新しそうに見える情報ですが、この情報を頼りに、空港行きの國光客運1819バス乗り場に向かうと、現在の正確な場所とかなり場所が違うため、時間をものすごくロスしてしまいます。危ない。

現在(2017.4月)発売されているガイドブックに関しても、台北駅の空港行きバスターミナル・バス乗り場については、移転前の情報で、正確でないと思われます。

(ちなみに、私の手元にある大好きな「歩く台北(2016-2017)」も、國光客運1819桃園空港行きバスについては、移転前の「國光客運西站A棟」で掲載されています。違います。)

ほんと注意してくださいねー。

「西站」とか「A棟」とか「B棟」とかいう言葉が出てきたら、要注意です。古い情報。

現在、「國光客運西站」の建物は取り壊されておりますので、タクシーの運ちゃんが間違えることはないでしょう。

2016年11月~2017年2月までの間、國光客運1819の台北駅バス乗り場は、臨時の仮設バス停でした。この仮設臨時バス乗り場は、台北駅の東側「台北駅東三門出口付近(SL展示の所)」にありました。

この台北ナビさんの國光客運1819バス乗り場の記事2016年11月の記事でとてもわかりやすいのですが、さらにこの場所から少し北の新ターミナルに移転しているのです。ご注意を。

けっこう最近の情報ですけどね。でも、今は移転しています!

2017年3月以降(現在の移転先はこっち!)

2017年3月以降、國光客運1819のバス乗り場は、東三門出口付近ではなく、東一門出口から出たところにある新しいバスターミナルです。(東三門、東一門の場所については、この後詳しく説明。)

桃園空港行きバス(國光客運1819)は、新しく建てられたバスターミナルが乗り場となります。

國光客運1819台北駅バス乗り場

國光客運のサイトに載っていた案内図を転載し、書き込ませていただきました。(南北逆です。「下」が「北」。注意。)

案内図の下に「How to get to Taipei Bus Station(台北駅バス乗り場への行き方)」が書いてあります。

台北駅MRT寄り地下通路の「Taipei Bus Station/Q-Square」の案内に従って、M1出口から出るといいようですね。

M2出口には、エレベーターがあるので、大きな荷物をお持ちの方は、M2出口がおすすめのよう。

というか、この英文からはわからないけど、M2出口のエレベーターは、なんと、バスターミナル建物内直結でした!

台北MRTから國光客運1819バス乗り場に向かう場合は、地下通路を通ってM1かM2出口へ。

台北駅(台灣鐡道。あの大きな吹き抜けの建物)を起点に考える場合は、「東一門出口」から出ましょう。

気安く使わないでくれよ、「東一門」とか「東三門」って一体なんなんだよ!?

台北駅バスターミナル

気になるのが、「台北駅東一門」とか「東三門」という言葉。

知らねーよって話ですよ、そんな門。

どうやら、広い台北駅(台灣鐡道の台北駅、地下鉄ではない)の出口を表すのに使われているよう。

「門」→「出口」なんですね。

この図は、上の國光客運の案内図から抜粋し、またまた私が書き込んでものなんですが、方角が「下」が「北」になっているので注意です。。(なぜ台北駅関連の地図は、この手が多いの?)

國光客運1819は「東一門出口」ですから、台北駅構内の東側の一番北寄りから出れば、バス乗り場(新ターミナル)は近いということになります。

…少しお利口になりました。

台北ナビさんの台北駅國光客運1819バス乗り場の案内も、「台北駅東一門前」となっていますね。(わかんねーよっ)

(2017.9月追記:台鐵・台北駅のわかりやすい構内地図を現地で見つけたので、載せておきます。↓)

台鐵台北駅構内地図



台北駅國光客運1819バス乗り場、予習完了

これでどうにか迷わずに桃園空港に帰ることが出来るだろう。

桃園空港MRTも台北駅から乗ることができますが、160元と高い。24時間運行してないし。

それに、我が家は子連れで移動する可能性も高いので、子ども料金の設定のあるバスのほうが、ありがたいのです。

新しいバスターミナルの建物内には、休憩ラウンジもあるようなので、大変期待しているのですが、その情報、全然あがってこないんですよ~。

もう、ほんと、この目で確認しに行きたいよ!

一人で現地調査のためだけに、台湾に行ってしまおうか、日本でヤキモキしている私です。

 

2017.9月追記:2017年夏にようやく新しいバスターミナルに行ってみて、がっかりした話はこちら。

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link