子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

桃園空港から台北市内へ。國光客運1841路線は、ビンロウ売り娘的期待ができる路線です。

time 2017/01/14
更新2017/08/31

桃園空港から台北市内へ。國光客運1841路線は、ビンロウ売り娘的期待ができる路線です。

桃園空港から、國光客運1841で中山國小駅へ

今回親子三人で泊まるのは、「グリーンワールドホテル リンセン(洛碁大飯店 林森)」。

最寄り駅は、中山國小駅で、そこから7分位の所あります。

中山國小駅に停まるリムジンバスが、國光客運1841路線にあったので、

もうちょっと近いバス停があるような気がしたけど、口コミも参考に、1841路線の切符を購入。

何も言わなければ、片道分のチケットを売ってくれます。

「來回票」(往復切符)と伝えれば、往復チケットを購入できます。

往復チケットは、かなりお得になりますが、予定は未定。

また空港バス・同じ路線を使うとは限らないから、子連れの場合はやめておきます。

乳児以外、歩けない子ども以外は、半票(子ども料金)の切符を買ったほうがいいです。

座席を一つ専有するわけなので…。けっこう乗車時きっちりチェックされます。

乗車直前に、子どもの分も買わなきゃだめ!って言われると、軽くパニックになるからね 笑。

わたしはいつも、降りたいバス停名と、メモ帳に「全票(大人)✕◯、半票(子ども)✕◯」と書いて窓口で見せ、切符を購入しています。

リムジンバスチケット売り場のおばちゃんたちは、基本無愛想。

夜間早朝は、若者男子たちになり、英語ペラペラで親切 笑。

リムジンバス乗り場の人たちは、機敏に働いていて、とても頼りになります。

並んでいると、「荷物をバス下の荷物庫に入れるか入れないか」訊かれます。話しかけられたら、荷物かな?と思うといいです。

自分で荷物を出し入れすることになるので、荷物がそんなに大きくなければ、下手に下の荷物スペースに入れてもらわないほうがいい気がします。

荷物を取り出している最中に、中に閉じ込められて発車…とか、聞いたことあります!

乗車時は、運転手さんに降りたいバス停名のメモ書きを見せて「OK?」と念押し。

買ったチケットは、乗車時に少しもぎられる。降車時に運転手さんに渡すことになるので、失くさないように!

國光客運1841路線の車窓

國光客運1841路線は空港を出ると、すぐに高速に乗りません。

台湾 コストコ郊外の工場や倉庫?パナソニックやコストコなんかあるような地域を、そこに通勤している人たちを拾ってから、

台北市内行きの高速に乗り、市内に向かいます。

初めての路線だったので、景色が楽しかったです。

子どもたちと、コストコが台湾にもあるー!って、盛り上がったり。

雨だったからか、暗ーい暗ーいどんよりとした雰囲気の、トランスアジア航空の建物も見えました。

写真撮れず残念!あの建物、どうなっちゃうんだろうね。。。

台湾 コストコ

この工場街?倉庫街?には、ベトナム料理屋さんが多かったです。

あと、檳榔屋さん。

檳榔のお店がずらーーーーっとあるので、この辺はちょっと市内から離れているし、夏は素敵なお姉さんが見られる予感がしました。

檳榔売りまだ、いますよ。檳榔ガール。

今回は冬だったので、見れなかったけど、

多分檳榔売りのお姉さんのアピール用ショーウィンドウらしきものを見かけたので、

この國光客運1841路線に暖かい季節に乗れば、素敵な檳榔お姉さんを拝めると思います。(って、なに熱く語ってるんだか…。でも、ほんとにスタイルもよくて、若いし、かわいいんだよ。)

 

「中山國小站」で下車

國光客運1841バスが高速に乗る前は、やはり下路なので、少し渋滞している感じはありましたが、「中山國小站」バス停までは、1時間ほどで着きました。

車内は、充電し放題。各座席に、充電用のUSB差込口が装備されていました。

テレビも流れているので、子どもたちも、あまり退屈しませんでした。(台湾のお笑い芸人が温泉宿を紹介していた 笑。)

途中乗ってくる人もいたけど、17時前だったからか、車内はガラガラでした。

電光掲示板が車内にあるので、台北市内に入ったら、注意してみておけば意外とわかる。大丈夫。

アナウンスが流れたら、頭上のベルマークボタンを押して合図!

運転手さんにチケットを三人分渡して、降ります。

降りたら、私の旅の相棒「歩く台北」片手に、今回泊まるホテル「グリーンワールドホテル リンセン」に向かいます。

15時に桃園空港に到着し、バスを降りたのが17時過ぎ。だいたい予定通り。

もう辺りは真っ暗です。しかも、寒い!

この日は台北も12、3℃までしか気温が上がらなかったようで、とても寒かったです。

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link