子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

2017夏旅行記⑱タイ初日夜ご飯は『MK LIVE』でタイスキ!

time 2017/09/06
更新2017/12/13

2017夏旅行記⑱タイ初日夜ご飯は『MK LIVE』でタイスキ!

sponsored link

プロンポンのお友達のおうちへ

おうちに帰る前に、エムクオーティエに立ち寄る

キティカフェを楽しんだら、夕方のラッシュになる前に、お友達のおうちのあるプロンポンへ移動します。

サイアム駅からBTSスクンビット線で1本です。

やっぱりエスカレーターが早くて怖い 笑。スーツケースを乗せるタイミングが難しい。

プロンポン駅に着くと、なんとなく見覚えのある風景。1年ぶりだぁ~。

駅前のエムクオーティエというデパートに立ち寄り、トイレなど。

バンコクのデパートやショッピングモールのトイレは、どこも豪華。泡立ちのいいハンドソープも必ずあるし、きれいだし、長居したくなっちゃう。バンコクは新しくできたビルが多いからね。日本の設備が古く感じるわ。

1年ぶりのシーローだ

プロンポン駅からお友達のおうちまでは、シーローで向かいます。この重いスーツケース、シーローに乗せることできるのかしら。荷台に、重くて持ち上げられない気がする。

シーローを捕まえ、乗り込む。一年ぶりのシーロー!なんだか懐かしい。

シーローは、2つの重いスーツケースも無問題。私たちの足元、真ん中に横にして、運転手さんが載せてくれた。こうゆう時、チップ要求されるのかな、と思うんだけど、特になにもないようでした。

プロンポンは駐在日本人が多いから、観光客ではないし、あまりふっかけたり、チップを要求したりしないのかな。

スーツケース2つに大人二人、子ども四人でぎゅうぎゅうのシーロー 笑。

無事にお友達のマンションに到着。あー久しぶりだぁ、変わってないなぁ、なんて、おばあちゃんちに来たような気分。図々しくすっかり里帰りみたいになっています、バンコク旅行。。

しばらくお世話になります!

さっそく荷解き。渡すものを渡して、任務遂行。

子どもたちも私と同じように、お友達に渡すもの渡して、持ってきたおもちゃとぬいぐるみを紹介して並べて、任務遂行。

一息ついたら、夕ご飯を食べに出かけます。



『MK LIVE』でタイスキ

高級デパート・エムクオーティエの中にある『MK LIVE』

今夜はお友達一家も大好きな『MK LIVE』でタイスキです!!

前回のバンコク旅行で、子どもたちみんなが気に入ったのが『MK』でした。

その『MK』の豪華版?こだわり版?が『MK LIVE』という新業態で、プロンポンにあるのだそう。お友達一家もお気に入りとのこと。さっきエムクオーティエに寄った時に、予約しておいてくれたのでした。

わーい、楽しみ、どんなお店なんでしょうか。

お友達ちゃんとえるちゃんは、さっそくエバー航空でもらったリュックをお揃いで背負い、手を繋いで歩いていました 笑。かわいい。

場所は、さっき立ち寄ったプロンポン駅前の「エムクオーティエ」というデパートの6階。

エムクオーティエは、ビシっとしたドアマンがいたり、ロビーでJAZZの生演奏なんかやってるような、高級デパートです。JAZZ演奏中のみなさんの楽譜はiPad。。

レストラン街には、日本食など、高級レストランがたくさん入っている。

その高級レストランの中の一つが、『MK LIVE』。た、高いのかしら。どきどき。

タイスキ、タイスキ♪

6階で、お友達のだんな様と合流。仕事帰りでお疲れのところすみません、また来ちゃいました でへへ。

『MK LIVE』のお店の前まで行ってみて、なんとなく安心。

MK LIVE

堅苦しい高級店でなく、ナチュラルな雰囲気でした。

『MK LIVE』のLIVEって、「生きる」ってことか。

店内は明るく、水や緑を感じさせるディスプレイで、こういう健全なナチュラルさを高級志向とし、ちゃんと繁盛しているところが、バンコクってなかなかやるなと感心してしまった。

トイレの件といい、去年から引き続き、「日本は自分が思っているほど上位の国ではないのでは説」が今回の旅でも濃厚になる場面が多かった。早い内に日本人は目を覚まさないと、世界から置いてけぼりくらってしまうのでは。

『MK LIVE』の店内は、平日にも関わらず、ほぼ満席!予約しておいてよかったーって、お友達は言っていました~。ありがとう!

だんな様を中心に、男子チームがメニューを吟味。

真剣なお子様二人です。

『MK LIVE』のタイスキ鍋は、二種類のスープを楽しめる!

一つは辛いスープにした。

メニューをよく見ていないからわからないけど、提供しているのは、有機野菜だったり、黒毛牛であったり、非常にこだわっているのだそうだ。

MK LIVEでタイスキタイスキは野菜をたっぷり食べられるから、いいよね~!

プロンポンという場所柄か、日本人を意識した調味料も多い。

ゴマダレとかポン酢とかも、標準装備されている。

お水が有料のタイにおいて、『MK LIVE』は冷たいお茶を無料サービスで常に注いでくれる。緑茶だったか、玄米茶だったか馴染みのあるお茶だった。

サービスもいいので、ちょっとでもお茶がなくなると、すぐにオーバーオールのファーマー風制服のお姉さんが注ぎ足してくれる。

『MK』と比べて驚くような味の違いはわからなかったけど、お値段が格段に上がるわけじゃないし、身体に良さそうな材料でタイスキができるし、雰囲気も楽しいし、初日の夜からみんな大満足でした。

会話もなく、湯気モウモウの中、前のめりで食べる子どもたち 笑。

MK LIVEでタイスキ

おうちに帰ったら、お友達がデザートに、えるちゃんの大好物ポメロとドラゴンフルーツを用意していてくれました。

まるでウェルカムフルーツじゃないか 笑。ありがとう♡

フルーツは別腹。やっぱりえるちゃんはポメロが大好きなようです。

台湾からバンコクに移動して、お友達と再会して、いろんな乗り物に乗って、キティカフェにMK LIVE…。

初日から充実の一日でした。

 

sponsored link

コメントを残す

子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

子連れタイ旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link