子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

エスタテリゾート&サファリ⑦シャワーとトイレ

time 2016/11/24

エスタテリゾート&サファリ⑦シャワーとトイレ

サファリの後は、暗くなる前にシャワーを浴びることに。

エイチたちは男の子だけど、だれもいないし、女子シャワーを一緒に使わせてもらいました。

エイチは、服を透明バックに入れ、シャワーを調整してあげたら、その後は一人でやってくれました。二回目は全部独りでできました。小学三年生ってすごい。

えるちゃんと私は、ひとつのシャワーテントで一緒に浴びました。

 

オープンから、もうすぐ10年ぐらい経つエスタテリゾート&キャンプ。

トイレやシャワーの施設は、古さを感じるものもありますが、きちんと手入れされていて、清潔な印象でした。(ただし、ロッカーは、錆びちゃってて使えなさそう。一つ開けてみたけど、鍵が動かなかった。)

エスタテリゾート洗面台には、きちんとハンドソープもありますし、キッチンペーパーのような手拭きも用意されていました。綿棒もあります。

ちょっとした小物も、モダンアジアなテイストで、素敵。

友達は、トイレのトイレットペーパーホルダーのデザインに、えらく感動しておりました 笑。シンプルな陶器でできたものだったような。写真撮り忘れたけど。

オープンエアなのに、このクォリティを自然の中で維持するのは、相当大変なんじゃないかなと思いました。

エスタテリゾートの噂のトイレ

トイレはカーテンで仕切られただけで、半外だし、すごい開放感なんですね。鍵閉まらない。誰がどこに入っているのかわからない。。

少し抵抗あったけど、私たちの他に、宿泊客は2組だったし、あまりトイレでバッティングすることがなかった。

これ、もしかして、無理な方、いるんじゃないかな。

ご安心を!エスタテリゾートキャンプには、ノーマルなトイレもあります 笑。

エスタテのトイレエスタテの隠れトイレレストランの横に、研修や会議に使いそうな棟があるんですけど、そこの隣に併設されているトイレです。

目立たないように、緑に隠れています。

ここは普通のトイレ。洋式、水栓、鍵も閉まる。芳香剤も置いてある 笑。

一気に日常に引き戻される、極めて普通のトイレです。

まぁでも、せっかくエスタてリゾートに来たんだから、自然の中の開放感を楽しみましょう♪

エスタテリゾートのシャワー

シャワーがどうなっているのか、とても不安でした。エスタテリゾートのシャワー

一番上の写真の奥に写っているとおり、シャワーもテントです!中に入ると、固定式のフォールシャワーがあり、簡単なレバーでお湯と水の量を調節します。

湯量は弱め。シャワーによっては、全くお湯が出ないものもあったので、確認してから服を脱ぐことをおすすめします!

シャワーテントは5,6個あれいますが、一番建物から近いシャワーテントが当たりです。建物から離れた隅っこにあるシャワーテントは、ちょっと使っていない感があり、自然の中特有の汚さあり。あと、お湯が出ない確率が高い。

脱いだものは、シャワーの横にぶらさがっている、ビニールのバックに入れます。

シャンプーとボディソープは、プッシュタイプのものが付いていました。

日が落ちそうな時間帯にシャワーを利用したのですが、これは確かに、暗くなってから利用すると、何も見えないかも。シャワーテント自体には灯りがありませんから。

だんだん暗くなるシャワーテント内で、焦りながら着替えました。

(二回目にお友達とシャワーを浴びに行った時、二人してタオルを持ってこないでシャワーを浴びてしまい、大慌て 笑。どうやって着替えたのか、先にタオルなしで上がったお友達が、私の分のタオルを持ってきてくれました!自分たちの失態もびっくりしたけど、友達のシャワー時間の短さにもっとびっくりした 笑!!)

 

物凄く余談ですが、この洗面棟を隠すように生えている大きなガジュマルが、とても趣があり素敵でした…!

エスタテ

 

 

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link