子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

景美駅すぐ『Macchi Hotel マッキーホテル (瑪奇文旅・瑪奇商務旅店)』宿泊レポ

time 2018/02/20
更新2018/02/22

景美駅すぐ『Macchi Hotel マッキーホテル (瑪奇文旅・瑪奇商務旅店)』宿泊レポ

sponsored link

『Macchi Hotel マッキーホテル (瑪奇文旅)』

『Macchi Hotel (瑪奇文旅)』を楽天トラベルで予約

年末の台湾子連れ旅行で、いつもとは違ったエリアに宿泊してみました。

台北駅から南、台湾大学などある公館よりも、まだ南。

新店線「景美駅」近くの『Macchi Hotel マッキーホテル (瑪奇文旅)』です。

『Macchi Hotel』の漢字表記は、旅行予約サイトによって異なっていて、最安値を求める身としては苦労しました 笑。

『瑪奇商務旅店』または『瑪奇文旅』が、(ネット上の)このホテルの漢字表記です。

現地で確認したところ『瑪奇文旅』が正しいようです。

今回は、最近私の中でアツい楽天トラベルから予約。現地で現金払いしました。

『Macchi Hotel(瑪奇文旅)』、リフォーム済みのきれいなホテルなのに、安いし口コミが良かったんですよね~。

景美駅には、ガイドブックには載っていないけど、かなり大規模でグルメな「景美夜市」があるし、

以前から気になっていた、とても美味しいと評判の朝ごはん屋さん『佳香點心大王』もあるし、

台北駅など中心部からは離れますが、思い切って宿泊場所にしてみました!

宿泊するエリアによって、旅の印象って変わりますもんね~。

結果、景美エリアは、グルメも最高だし、ローカル気分が味わえ、大正解でした!!

『Macchi Hotel(瑪奇文旅)』は、景美駅2番出口を出て、道路を渡って、2分位で着きます。

景美MACCHIHOTEL

屋台の並ぶ景美街のすぐ裏手なのですが、景美街からは入れません。

景美街の一本先の道から、ぐるっと回って建物に入る感じです。

ホテル建物前には、「鳳山牛肉麺」というお店が出ており、テーブルと椅子を建物内にも並べて営業しています。

牛肉麺など麺のお店で、魯肉飯などもあり。とてもローカルっぽいです。

景美MACCHIHOTEL 鳳山牛肉麺

ホテルの横には、すっごくレトロなおもちゃ屋さんもあります!

エイチはここで、また例のごとく、台湾版?ベイブレードをお買上げしました…。

景美MACCHIHOTEL

おもちゃ屋さんのそばには、一見わかりにくいですが、「A MART」という大きなスーパーがあります。

ゲームが置いてあったり、床屋さんやファーストフード店なども入っており、地元の人で賑わっていました。

景美スーパーAMART  景美スーパーAMART

朝8時半~夜23時まで営業しており、お惣菜から生鮮品、大きめサイズのおやつなどなど、なんでも売っていて、観光客にも便利。


『Macchi Hotel(瑪奇文旅)』のお部屋

今回は、大人一人、子ども二人で、子ども一人は添い寝で…と考えていたのですが、

子連れだと、こちらが希望するベッド割りが、旅行予約サイトによって、できたりできなかったりするんですよ。。

希望は、シングルベッド2つのお部屋。

最安値を追求した結果、楽天トラベルは安いけど、シングルベッド2つの部屋が選べない。

エクスペディアでは、シングルベッド2つの部屋と、ダブルベッド1つの部屋が、同じ料金で販売中。でも、楽天トラベルよりかなり高い。

…迷った挙句、楽天トラベルで予約して、図々しくも、ホテルにシングルベッド2つのお部屋を指定することはできるか、メールを送ってみた。

結果、料金も変わらずOKだそう。

ありがたい対応に、宿泊への期待が高まります。

しかし、シングルベッド2つのお部屋にしてもらったら、ちょっとした誤算が。

窓のない部屋でしたー。。失敗。確認するべきでした。

景美MACCHIHOTEL

まぁ、でも、お部屋は今風にリフォームされており、きれい。

お風呂もエイチの希望通り、バスタブのない、きれいなシャワーブースタイプ。

景美MACCHIHOTEL

冬でしたが、室内は妙に湿気った感じがして暑かったので、滞在中は常にクーラーを入れていました。

景美MACCHIHOTEL

お水も毎日2本置いてくれたし、お茶やアメニティも最低限揃っている。ドライヤーもある。

…子連れ旅でついに、ゴムのある部屋に出くわしてしまいました 笑。

引き出しを開けた時に突然現れた、子ども受け抜群のルックスの彼を見つけられる前に、

どうにか話をそらして、見えない所に隠しました。。どきどきしたっ。

あと、台湾旅行で初めて、部屋にGが出ました…。

小さめでしたが、えるちゃんが冷静にいるのを教えてくれました。えらい…。

台湾のホテルでGが出るという話は、聞いたことがあったけど、

内心パニクっていた母は、えるちゃんの冷静さに応えるようがんばりました。。

ドアを開け、廊下に逃しましたとさ。Gは次のお部屋に行ったのだろうか…。

窓のない部屋で遭遇するGは、想像以上に怖かったです♡

私の台湾旅行の「初めて」を2つも奪った『Macchi Hotel』。やりますな。。

残念ポイント

壁が薄いね。

壁っていうか、天井かなぁ。

夜、重低音がどこかでずっと流れていて、わたしは眠れなかったー。

どこから音がしているのか、部屋を出て、エレベーターホールの辺りまで行ってみたけど、

共用部分でも響いていたので、どうも、3階・4階のホテル部分ではなく、

上階から聞こえてくるものと思われました。

フロントに相談してみようかと思ったんだけど、子どもたちは全く聞こえないと言う。

私には明らかにベース音とドラムのシンバルまで聞こえて、ノレちゃうくらいだったんだけど。なぞ!

どうもこちらのホテル、上階がくせもの。

ホテルは、3階と4階部分なので、4階の部屋に当たっちゃうとダメなのかも。

上階がバーにでもなっていて、クラブミュージックでも流しているのかなと想像したのだけど、

そんな看板も何もなく、エレベーターで行って見る勇気もなかったので、分からずじまいでした。

とどめは最後の晩。

10時頃、突然頭上をなにか動物が数匹走り回る音がして、超怖かった(T_T)

部屋の端から端へ、ガッサガサガサガサー、ブレーキ!の繰り返し。

上階で走り回る3,4匹の中型犬だと思います 笑。こわいからっ。

子どもたちも、突然の野獣音に、フリーズしていました。

10分位で止んだので、よかったです。。ホッとして笑っちゃいました。

檻から出してもらったのかなんだか、想像が妙に膨らみます。。。

走り回る爪音とか、走り回っているのが、リアルに想像できるくらい、音と振動は筒抜け。

これはー、ドリフみたいに、天井、抜けそうな気がする。

リフォーム済みのホテルだけど、ホテルが入っている建物自体は、かなり古そうだもんね。

地震のこともあるし、これからホテル選ぶときは、ストリートビューなどで建物自体も確認してみなくてはいけないなと思いました。


『Macchi Hotel(瑪奇文旅)』のフロント・スタッフ

フロントは明るくおしゃれ。

ぬいぐるみ好きのえるちゃんとしては、ベビーベッドに大きなくまのぬいぐるみが2匹もいて、とっても気に入っていました。

景美MACCHIHOTEL

基本的には、とても親切で誠実なスタッフの方々。

ホテルにかかってきた私たちあての電話の伝言メモや、

帰国が早朝便だったため、夜中に手配したタクシーの予約確認を

日本語訳して届けてくれたり、

わたしたち日本人観光客のために、一生懸命対応してくださいました。

私が接したスタッフの方たちは、英語。

あまり英語が得意でない方も何人かいました。

朝にいた、若いスタッフの女の子は、英語もダメ、日本語もダメで、彼女のスマホの翻訳アプリでやりとりしました。

冷蔵庫が全く冷えず、直してもらえるのか、そのスタッフとやり取りしたのですが、

意図がなかなか伝わらず、大変でした…。

結局、共用の冷蔵庫を使うように言われ、お部屋の冷蔵庫が使えないままなのか心配したけど、外出中にきちんと直しておいてくれました。

あまり外国人観光客慣れしていない…わけでもないのですが、

宿泊者の様子から、どちらかというと台湾国内の宿泊者が多い気がした。大学が近いからかな。

『Macchi Hotel(瑪奇文旅)』:まとめ

駅も近いし、周囲には夜市、大型スーパー、美味しいお店もたくさんあり、立地は最高。

スタッフも誠実。お部屋もきれい。

ただ、建物が古く、構造に不安があり、台北駅から離れているので、お値段が安いのかなと思いました。

松山新店線乗り換え台北駅から離れていると言っても、中正紀念堂駅で乗り換えれば、台北駅まで20分くらい。

景美駅の路線、松山新店線は、どの路線にも対面乗り換えでき、時間のロスがなくスムーズ。

空港線の最寄り駅「北門駅」にも直通で行けるし、悪くなかったです!

景美エリア、とても気に入ったので、こちらの『Macchi Hotel(瑪奇文旅)』、また泊まりたい!と思えるホテルだったらよかったんですが~。残念。

ホテルの料金等は、エクスペディアのリンク貼っておきますね。

↓↓↓

Macchi Hotel マッキーホテル (瑪奇文旅・瑪奇商務旅店)

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link