子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

台北101カウントダウン花火!…終わったら、笑っちゃうくらいすごい帰りの混雑

time 2017/02/08
更新2017/10/19

台北101カウントダウン花火!…終わったら、笑っちゃうくらいすごい帰りの混雑

台北101の花火は、いきなり始まった~

花火が始まるまでの30分以上、子どもたちはスマホゲームに興じる。。

お腹すいた…。大晦日だけど、特に屋台が出るわけではないようだ。

台北101カウントダウン花火カウントダウン花火は、特にカウントダウンもなく、「あれ、そろそろ新年じゃない?」なんて時計見ていたら、いきなり始まったー 笑。

カウントダウンの声も上がらず、まるで普通の花火大会のようです 笑!

だいたい、台湾の人は旧正月が新年ですもん、関係ないっちゃーないんですもんね。

恐らく、台北101の周辺のイベント会場では、盛大に、サン、アール、イー、とかあったんでしょうね!

ここは台北101から、大通りを挟んで200mくらいの場所だけど、音楽もなにも聞こえません。

台北101カウントダウン花火粛々と、台北101から吹き出る花火を見学します。

あぁ、カウントダウン花火、いつかは見たいと思っていたけど、今、ほんとに見ているのだな。

強く願って、行動すれば、夢ってかなうのかもな。

きれいな花火を見ながら、そんなこと、考えていました。

スマホのカメラじゃ、よく撮れなかったけど、いろんな花火があって、とてもきれいでした!

打ち上げではないから、花火の音は小さく、なんだか不思議な感じでした。

子どもたちも、初めて見るタイプの花火にびっくり、集中して見ていました。

途中、何を思ったか、だんなさんがえるちゃんを肩車。

後ろにいたカップルの女の子が、悲惨顔で「メイメイがー!!」と、彼氏に訴えていました。

「メイメイ」は「妹」ですから、えるちゃんのことですね。花火が見えなくなったのでしょうね。。そりゃそうだ。

なんで、歩道の一番前で見ていて十分見えるのに、肩車するかな…。いますよね、こういう天然?な人…。

こっそり教えてあげ、えるちゃんを下ろさせましたが。。。

やはり写真でも分かる通り、花火の煙は、西側に流れており、「煙なんて…」と侮っていた旦那さんも

「こりゃー西側だったら何も見えなくなるな」と納得。

南側まで歩いたおかげで、煙の影響もなく、ばっちり花火を見ることが出来ました!

子どもたちも、「きれいだったー!!」と感動していました!

花火が終わったら、余韻に浸ることなく、みんなさっさと帰ります!!

台北101カウントダウン花火花火が終わり、台北101は通常よりちょっと派手めにライトアップされ、これが終了の合図なのかな?

「ハッピーニューイヤー!!」の声もなく、「さぁ、終わった、帰ろ帰ろ」という雰囲気の周囲の人々…笑。

私たちも、「明けましておめでとう」を言うのも忘れ、「そんじゃ、帰ろうか」という感じに 笑。

たまに、どこかのマンションの屋上から、中規模の花火がぶっ放される。

近くの公園でも、消防の許可はいるんじゃない?くらいの規模の花火が打ち上げられる。

マンションの屋上から、ロケット花火を飛ばすのも流行っているらしい。

しかし、路上の人々は、そんな花火に気を取られることなく、黙々と家路へ向かいます。

これからがニューイヤーパーティの時間!というのは日本人の発想らしく、

もー、老いも若きも、ひたすらみんな家を目指して一直線に帰ります。

台北101花火後の混雑

帰り道の途中に、日本の北海道だかどっかの地方の物産センターみたいなのがあったんだけど、

そこの日本人店員さんたちの憶測は、かわいそうなくらい外れていましたね。

店の前に、大勢の通行人に向けて、臨時販売ブースを出し、深夜営業。

イェーイ!ハッピーニューイヤー!って感じで、カップ酒かなんか売ろうと盛り上がってるんですけど、

ものすごい数の台湾人は、ひたすら前を見て、家を目指し早歩きで通過しており、だれも見向きもしないのよ。

いやー、痛々しいくらいでした。

これからアルコール飲んで、パーッと新年を祝おうという人は、まるっきりいないんですよ。。

新年に浮かれ、ブラブラする気、まるでなし!

台湾人と日本人で「ニューイヤー」に対する温度差が、かなりあることを目の当たりにしましたね。。

ここのエリアの場合はかなぁ。

市政府の辺りは、もしかしたら盛り上がっていたのかもね。ここよりもっとすごい人だろうから…。

交通規制されている道路も、ガンガン原付バイクが通ります 笑。誰もそんなに気にしてない。

基隆路周辺は大渋滞!!台北101花火後の渋滞

警察もたくさん出て、交通整理。歩行者の量も半端ない!!

歩行者は、青信号で渡りきれず、もう、大混乱の大渋滞。

子どもたちの手をしっかり握り、横断歩道は怖くて渡れないので、歩道橋を使うことに。

台北101花火後の渋滞歩道橋から見る道路は、圧巻 笑。

みんなも同じように、歩道橋から、渋滞の様子をスマホで撮っていました。

すごい人の流れに、押しつぶされそうになりながら、臨江街夜市の通りに入ろうと思ったけど、

怖いぐらい混み合っていたので、遠回りをしてホテルへ。

空いている場所で花火を見ていたので、大通りのこの混雑にはびっくりでした。

台北101のカウントダウン花火、やっぱり台北の一大イベントだったんだなと思いました。

基隆路から、通化街の住宅地に入ると、あの喧騒が嘘のように静かに。

人のいない、真夜中の住宅地で、大きな大きな台湾国旗を担いだ、イケメン&美女のイケてるカップルに出くわす。

同じ方面か…なんか気まずいなーと思っていたら、なんと同じホテルの隣の部屋の宿泊者だった 笑。

台湾の人も、カウントダウン花火のために、アミーゴホステルに泊まっていたのねー!

その旗はなんのため?一緒に写真撮るべきだった??

ホテルに帰ってきたのは、0時45分頃でした。

台北101の花火を見て、台湾年越しは大成功。そしてもう日本に帰るのです!!

3時30分に、ホステル経由で手配したタクシーが迎えに来る予定です。

それまで、少し寝ようかね…。ごめんね、こんな細切れな睡眠で…。

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link