子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

母は気付いてしまった…桃園空港-台北駅間MRT空港線の落とし穴

time 2017/02/17
更新2017/10/14

母は気付いてしまった…桃園空港-台北駅間MRT空港線の落とし穴

※画像は全て桃園捷運公式サイトより

sponsored link

祝!MRT桃園空港線、開通!

只今お得なプレ開業中

旅行者にとって、念願だったMRT桃園空港線が、ついに開通しました!!

2月16日~3月1日までは、整理券をゲットすれば、無料試乗できるプレ開業中、

正式開業後の3月2日~4月1日までは、乗車金額、なんと半額という太っ腹。

台北駅-桃園空港間のMRT空港線の料金は160元ですから、80元で移動できてしまうのです!

(注:上記キャンペーンは終了しています。2017.4)

桃園空港MRTについて詳しくはこちら↓。

『開通した桃園空港MRT空港線、台湾旅行者が知っておくべきこと』

『MRT空港線の時刻表。桃園空港&台北駅の始発・終電情報も!』

MRT空港線と空港バス、どっちがお得?

空港バス

空港バス國光客運1819桃園空港から台北市内への移動手段としては、空港バスが一般的でした。

桃園空港-台北駅間の空港バスで代表的なのは、國光客運1819ですかね。

桃園空港から台北駅までの料金は、125元です。

悠遊カードでの支払いも可能です。(國光客運のみ)

子ども料金は、大人の半額。65元です。

24時間運行しており、乗車料金は深夜早朝も変わりません。

本数豊富で、停車バス停も少なく、桃園空港まで約1時間で移動することが出来ます。

(國光客運1819の台北駅バス乗り場は新ターミナルに移転しています。詳細は『解説!新・國光客運台北駅『桃園空港行き1819』バス乗り場について』

 

國光客運以外にも、空港バスはたくさんあります。

空港バスの路線によっては、ホテルの目の前に停車する空港バスもあり、

きちんと調べて利用すれば、台北駅を経由しなくても、ショートカットでホテルに到着できます。

台北市内といっても広いですから、桃園空港寄りの台北市内であれば83元~、

他もだいたい130元前後で、所要時間は1時間~1時間45分くらい。

渋滞に左右されるのが難点です。。。

MRT 空港線

桃園空港MRT空港線路線図

桃園空港から台北駅まで、運賃は160元。

こちらももちろん悠遊カードが利用できます。

子どもは6歳以上、115cm以上から運賃が必要です。

そう、日本の感覚では、地下鉄運賃は子ども半額ですが、台湾は違います。

大人と同料金です。子どもも160元です。

(2017.9追記:台湾国民の方には、子ども割引あります。(桃園捷運・桃捷發行票種「兒童單程優待票」より)

6歳以上12歳未満は、2割引の運賃が適用されます。ただし、駅員さんのいる窓口での購入で、改札を出る時も自動改札は使えず、駅員さんに声をかけて改札を開けてもらう必要があります。

そもそも台湾国民のお子様のための割引ですから、日本人子連れ旅行者には関係ない?と思います。

6歳以下は運賃無料という点は、全ての子どもに共通です。)

そのため、MRT空港線は、子連れ旅行者にとっては、

子ども料金の設定がある空港バスよりも、高くつく場合があります。

(お子さんの年齢によります。)

とは言っても、

MRT空港線は、桃園空港から台北駅までの所要時間はたったの35分。(各駅は45分)

空港バスは、渋滞によっては1時間以上かかることを考えれば、お金は時間に変えられないよなー。。

シミュレーションしてみよう

大人✕2名、小学生の子ども✕2名の場合(我が家)

桃園空港 國光客運1819―台北駅

大人:125元 ✕ 2名  250元

子ども:65元 ✕ 2名  130元

合計 380元

桃園空港 MRT空港線―台北駅

大人:160元 ✕ 2名  320元

子ども:160元 ✕ 2名  320元

合計 640元

高っ!!我が家はなしだな…。

いや、でも幼児の場合、違ってくるぞ。

大人✕2名、幼児(2歳と5歳)✕2名の場合

桃園空港 國光客運1819―台北駅

大人:125元 ✕ 2名  250元

子ども(5歳児・席利用):65元 ✕ 1名  65元

子ども(2歳児・席利用なし):無料

合計 315元

桃園空港 MRT空港線―台北駅

大人:160元 ✕ 2名  320元

子ども:無料 ✕ 2名(5歳児、2歳児)  0元

合計 320元



まとめ:子連れ旅行者には、空港バスとMRT、どっちが正解!?

シミュレーションしてみて、ますます混乱しました…。

金額的には空港バスが安かったのですが、

MRT空港線は、なにせ所要時間約35分と決まっている。

台湾で、バスの事故はよく聞きますし、安全面ではMRTに軍配が上がるのでしょうか?

MRT空港線は、混雑時は座れません。空港バスは必ず座れる…。

MRT空港線は、時刻表通りの運行だし、その時刻に行けば必ず乗れる。

空港バスは、バス停で長蛇の列ができており、乗れないこともある。。

 

あー、考えれば考えるほどわからなくなる!

 

でも、子連れで行く時は、たぶん空港バスを私は選ぶと思います。

やっぱ金には変えられねぇ。。

sponsored link

コメントを残す

子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

子連れタイ旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link