子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

『バミーコンセリー』とトンロー駅周辺

time 2016/12/05

『バミーコンセリー』とトンロー駅周辺

バミーコンセリー

バミーコンセリートンロー駅からすぐ、1,2分で「バミーコンセリー」に到着。

屋台っぽい店構えの食堂、っと言った感じ。お外にも席がある。店頭で作っている。

お店の奥にも作業スペースがあり、ワンタンだったか、つみれだったか作っていたよ。

朝の7時台に行ったのだけど、地元の人っぽいお客さんが数人いました。外国の方はいなかったかな。

バミーコンセリー私たち、子連れで7人で座れるかなーと思っていたけど、余裕で店内の席を確保。子どもチームと大人チームに別れて座ります。こんな風に座れるなんて、成長したなー。

メニューを見る子どもたち 笑。なかなか真剣です。というか、朝だからか、子どもたち、おとなしい。(えるちゃんはなんだか朝から機嫌が悪かった…。お友達にもつれない態度。たまに冷酷でハラハラします。まったく何様なんだか!)

店内きれい。清潔!

床は古いタイルだけど、ピカピカに掃除されているし、椅子もテーブルもベタベタしない 笑。

外国人のお客さんが多いからでしょうか、メニューも写真付きでわかりやすく、かなり正確な日本語表記あり。店員さんも慣れているので注文しやすいです。

バミーコンセリーお水は有料なんですよね。いつもお友達の旦那様が注文しておいてくれるので、困らなかったけど、自分で注文するのはどうやるんだろう。氷がたっぷりね!これに瓶のミネラルウォーターを注ぎます。スペシャルなドリンクみたいよね!

7人もいるし、いろんな種類の注文になりました。(でも写真は全部撮ってないなぁ。)

汁ありのバミーを数種類。(上に乗っているお肉などが違う。)チャーハンを数種類。(これも蟹など入っているものが違う。)あと、旦那様が注文していた御飯の上にローストされた鶏肉とタレがかかっている…器が違えば丼のようなものも!

バミーコンセリーバミーは普通に美味しかったです。ローストされたお肉がおいしいね。スープは昨日食べたMKのタイスキのスープのほうがじんわりしていて美味しい。(比べる対象が違いすぎるが。)

バミーのスープって、なにで出汁をとっているのだろう?

バミーコンセリー甘いよね!タイの麺のスープって。これにうまく調味料を足すことができれば、自分好みの味を完成させられるのだろう…。家系ラーメンにおろしニンニクを追加するように…。

しかし、この店は、調味料入れもこの清潔さ!すごいよね。

バミーコンセリーは、バミーのお店だろうけど、バミーより断然美味しかったのが、チャーハン!!

初日に食べたエンポリアムのフードコートのチャーハンもおいしいと思ったけど、バミーコンセリーで子どもたちから少しもらったチャーハンは、感激するくらいの美味しさでした。こんなおいしいチャーハンはじめて!と思いました。

よかった、子どもたちも美味しく食べられるものがあって。

お値段も手頃。ほとんどが50バーツ~80バーツ。上に乗せるお肉の種類数によって、お値段は上がって、100バーツのものも。日本のラーメンで言う「全部のせ」みたいな感じだね。

ここでもエイチは、えるちゃんの残したバミーとチャーハンと、さらに人の分までガツガツと平らげておりました…。37キロ…。

タイはチャーハンが美味しいんだね!覚えておこう。

途中、じゃんじゃかドラみたいな音とともに、獅子舞みたいのが店頭にやってきた。なにかのお祭り?日常的なこと?おひねりをあげたりするようだ。

獅子舞とか着ぐるみとかが苦手な我が家三人、びびる。観光客がいたら、絶対奴らは来るに決まっている。じっと息を潜め、気配を消し、通り過ぎるのを待ちました…。あぁ、怖かった。

今日は王女様のお誕生日のため、お祭りムードなのでしょうか。

トンロー駅周辺を散策

バミーコンセリーを出たら、朝市が出ているとの事で、ちょっとのぞいてみました。

トンローの朝市

果物や野菜がたーっぷり売っていましたー!!

トンローは外国人が多く、開発されていってしまい、屋台が撤廃されつつある地域…となにかでみたけど、こういう朝市もあるのですね。お安く果物が手に入りそう。こういう市って、なかなか身近にないので、憧れます。

ちなみにエイチのタオルは汗拭きようですが、中に氷が入っています…。タイの暑さにまいって、飲食店で注文したお水やビール用の氷を、帰る時にタオルに包んで失敬する習慣が身に付いてしまいました。。いつの間にやっているのかわからないの 汗。

トンローのマンゴー屋さん朝市をのぞいたり、駐妻御用達の高級マンゴー店を教えてもらったりしながら、トンロー駅周辺を散策したら、再びBTSに乗ってプロンポン駅に戻ります。

確かにマンゴーおいしそ~!

その横に売っている、ちまきみたいなものも気になるわね。

他にもお菓子屋さんなど色んなお店があって、タイの日常を垣間見れて楽しかった。旅行って、だから好き。

プロンポン駅構内から下を見下ろすと、お惣菜を路上で売っているのがよくわかります。おもしろい!電線もしゃもしゃ!

最終日帰国ぎりぎりまで、異国を充分楽しませてもらいました。友よ、友の旦那様よ、ありがとう!!

プロンポン駅から

 

 

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link