子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

エンポリアムデパートのフードコートで夕食

time 2016/11/23

エンポリアムデパートのフードコートで夕食

だんなさまと合流!フードコートにGOです

仕事帰りのお友達のだんなさまと無事合流です。

いやー、どうも、すみません、なんかもう日本から遊びに来ちゃって・・・えへへへ、とお世話になりますと挨拶。

子どもたちもうれしそうに、お父さんについて行きます!

フードコートに入る前に、受付カウンターのようなところがあり、専用のカードにお金をチャージします。お友達家族は既にMyフードコートカードを持っているので、それにさらにチャージしていました。

私もよくわかんないけど、とりあえず、500バーツ位入れておけば大丈夫かな?と、ピラッと500バーツ札を出して、カードをもらいました。使わなかった分は、またここのカウンターで返金してくれるのだそうです。

衝撃!これが現代のフードコートなのか!?

201608%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af_8261

なにこれ、ほんとにフードコート??

めっちゃくちゃモダン!!インテリアがシックで、とても大人っぽい雰囲気のフードコートです!それに広い!

ちょっとした置物とか、すごく素敵ー金かかってそう~。とても清潔、というか、清潔というよりもう、美しいって感じで…驚いた。

なにせタイに着いて初めて食事する店がこれですからね…。バンコクの発展を感じずにはいられません!だってここは高級ホテルでも何でもない、みんなが利用できるフードコートだよー。

お父さんと子どもたちで、席を取ってくれていました。どこでも座り放題、がらがらよ。平日の夜だしね。

景色のいい窓側の席を7人分、ゲット。

窓の外は夕暮れ。バンコクの高層ビルと緑豊かな公園が見えました。・・・ちょっと眠いけど、まだ夕方なんだね。日本時間だと、もう夜の9時ですからねぇ。

これだけ人数がいると揉めるのが、席順。特に女子。わたしは誰の隣がいいーが始まります。てきとーにやっててください、まったくもう…。

フードコート、フードコート♪

調理する人たちのユニフォームは統一されていて、黒。ムーディな、ちょっと暗い店内で、一見どこに店員さんがいるのかわからない 笑。く、黒子っぽい?

201608%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af_5593

そう、フードコート内は白と黒が基調になっているんです。使われている食器類も全て白。お盆やお箸は黒!あとは、調理器具のシルバー。

どのお店も同じインテリアなので、サンプルをよく見ないと何屋かわからない。この上の写真にある手前に置いてある料理がサンプル。こんな風なサンプルを見ても、何屋だか、最終的にはどんな料理になるのか、わからないのぉ 笑。

友達も友達の旦那さんも慣れたもので、だいたいどの店で何を売っているのかわかっているよう。

どんなものが食べたいかは、事前に知らせてあったので、お友達と一緒にいろいろアドバイスをもらいながら注文しました。

 

どんな料理を食べたかは、次のページで詳しく!

 

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link