子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

バンコクのスーパーで買った「フリッターの素」を使ってお料理

time 2016/11/08
更新2016/12/01

バンコクのスーパーで買った「フリッターの素」を使ってお料理

海外旅行に行くと、必ず寄るのがスーパー。

スーパーで、絶対買っちゃうのが、現地の加工食材。調味料。

帰国してから、こんなの使うわけないじゃん!と思うこともしばしば。。そのまま何年も放置されることも。。もったいない!

今回のタイ旅行で固く心に決めていたのが、「おみやげに買った食材は、必ず使うこと」。

当たり前すぎてくだらないけど、海外のスーパー行くと、浮足立って色々必要ないものまで買ってしまうから、よく自分に言い聞かせていたのだ。

で、今回紹介する、この「揚げ物の衣の素」っぽいの。9バーツ。安っ!

タイの揚げ物(フリッター?)は、ちょっと衣が甘いんだよね。お子様が好きそうな味。エイチがタイのフリッターを大変気に入っていたので、日本でも作れたらなーと思って、バンコクのスーパー(またまたサイアムパラゴンの地下のグルメマーケット)で購入してみました。

…今までの経験上、この手のものは使わなそうな香りがプンプンするのですが、絶対使う!と固く心に決めていたので、帰国して比較的すぐにお料理してみました。

 

作ってみましょう!

タイ土産のフリッターの素

タイ語の説明書きは、全くわからない。連想もできない!

数字だけは分かったので、きっと加えるお水の量かなと推測し、袋全量に対して、160ccくらいだったかな、忘れちゃったけど、入れてみた。

いい具合になりました!

こういうのって、混ぜ過ぎちゃいけないんでしょ?

ちょっとダマが残っているくらいで、一口大に切った鶏肉にからめ、揚げてみました。

 

出来上がり

s__43171845

ふくらし粉が入っているんだろうね。

ぷくっと揚げ上がりました。

けっこうたくさんの量の衣です。鶏胸肉3枚分、いけました。

どんな味なんだろう。揚げたてをつまんでみたところ、うん、やっぱりあの味。ニンニクの香りが少しする、ちょっと甘めのフリッター。子どもも喜ぶあの味です。そんなに異国っぽくない。違和感なし。

どんな具でも合うだろうね。

エイチは、バンコクのデパートのお惣菜売り場でお友達に買ってもらった「バナナのフリッター」をとても気に入っていたのですが、このフリッターの素だったら、バナナを具にして揚げてみるのもありかな?

衣を固めに水で溶いて、アメリカンドッグをこれで作ったら合いそう!

パッケージの裏には、具材の例に、エビなどの海鮮があがっていました。

もしかして、スパイシーかも?と心配していたけど、これは当たりでした。(スパイシーでもわたしはいいんだけど、子どもが食べられないからね。)

 

まとめ バンコクで買ったフリッターの素

この手の「フライの素」は、外国のものって危険なかほりがするんだけど、全然普通だった 笑。人工的な調味料の味もしなかったし。

外食が盛んなタイでも、手作りするための便利でおいしい物が売っているんですね!

バンコクのスーパーには、たくさんのフライ粉が売っていたので、次回は数種類お土産に買ってみたいなと思います。

ちょっと辛いのも試してみたいな。

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link