子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

2017夏旅行記③初!エバー航空搭乗 機内食を食べない子どもたち。。

time 2017/09/05
更新2017/11/15

2017夏旅行記③初!エバー航空搭乗 機内食を食べない子どもたち。。

sponsored link

エバー航空搭乗記(成田-桃園間)

初めてのエバー航空、搭乗!

いつかは乗ってみたいと思っていた、台湾の航空会社エバー航空。

2017年の「ワールド・ベストエアライン」(航空会社の格付けランキン)で、エバー航空は第6位!

「ベストキャビンスタッフ」部門でも、世界第3位と、非常に評価の高い航空会社です。

エバー航空は、ハローキティをはじめ、ポムポムプリンやぐでだまなどサンリオキャラクターの描かれたジェット機を保有しています。

飛行機の塗装がサンリオなだけでなく、なんと機内もサンリオ一色になっているんです。

前からエバー航空のサイト見て、いいなーと憧れていました。

キティちゃん好きのえるちゃんに、いつかキティちゃんジェットに乗せてあげたいと思っていました。今回はその夢が叶う!

でも、サンリオキャラのジェット機が飛んでいるのは、主に日本離発着の限られた便のようで、エバー航空だからと言って、必ずサンリオジェットに乗れるわけではないのだ。

今回乗る、成田―桃園空港の飛行機は、残念ながらキティちゃんジェットではありません。普通のエバーの機体でした。

搭乗する便が、サンリオジェットかどうかは、事前にエバー航空のHPを見ればわかります。

今回の旅行では、エバー航空に搭乗する機会は4回。一番最後の帰国便が「サンリオファミリージェット機」の予定。よかったよ、4度も乗るのに、一回もサンリオジェットじゃなかったら、せっかくエバー取れたのに切なすぎるわ。。

えるちゃんには、一番最後、日本に帰ってくる時乗る飛行機がサンリオジェットだからね。と伝えてありました。

まぁ、あんまり子どもは、乗る飛行機がどこの会社だとか、サービスがどうだとか、機内食がおいしいとか、全く気にしてませんけどね。

エバー航空の機内、サービス、機内食等

席の並びは、2-4-2。

エイチとえるちゃんの二人が窓際の二人席。通路を挟んで、私。二人で仲良くよろしくやってくれ。

搭乗すると、CAさんが、キッズミールの確認をしに来てくれました。

エイチとえるちゃん、どっちがキッズミール該当者か私に聞いてくる。予約してある名前が女の子の名前だということは、外国人CAさんにはわからないからかな。大人より食べる見るからにでかいエイチが、キッズミールのわけないじゃん!と、ちょっと笑いそうになってしまったけど。

その後、子どもにはおもちゃが配られました。

恐竜の立体パズルと、すんごい難しい型はめパズル。…賢くなりそうなおもちゃだ…。

恐竜の方は、ジェラシックパークの香りがプンプンする代物でした…。

なんか、台湾の夜市のゲーム屋台でもらえそうなおもちゃだな。

エバー航空の機内食、キッズミール

フライトは3時間半。

離陸して、安定飛行になったら、すぐに飲み物が配られ、続いて機内食も配られました。

えるちゃんのキッズミールがまずサーブされます。…えるちゃん、シカト。放置。興味なし。モニターのゲームに夢中です。

エバー航空キッズミールえー、いいなー!ハンバーガーじゃん!!

なんで?なんで興味ないの??ジュースもお菓子もついているのに。

わたしたちの機内食もやってきました。

エイチは辛くない方を…ということで、カツ丼みたいなものに。(写真撮り忘れ)

私のは、鶏肉とバジルのあんかけ炒め、みたいなもの。

エバー航空機内食ふつうに美味しいと思った。きくらげとベビーコーンのサラダのようなものが、ごま油の風味がして美味しかった。

それにしても、うちの子どもたちは、機内食が嫌いだ。

食べることが大好きなエイチでさえ、私が(これもお金払ってんのよ、もったいないから、ちゃんと食べなさい!と)言うから仕方なく食べるって感じで。

えるちゃんなんかは、もともと偏食激しい少食野郎なので、機内食を食べさせるのは大変。絶対お腹すいちゃう。

こちらもしぶしぶ、まずはジュースを一口。

それから、付いていたM&M風のチョコを食べる。「…これ、毒の味がする。」

外国の食べ慣れない味だったんでしょうかね。。

結局パンだけ、バターを付けて食べました。以上。ジュースも残してた。。

さすがエイチは完食です。フルーツは食べなかったけど。

以前、今はなきトランスアジア航空の機内食のフルーツで、酸化防止剤か変色防止剤かわかんないけど、すっごいクスリの味のするリンゴがあったんだよ。それ以来、エイチは絶対にフルーツには手を付けなくなった。わたしも機内食のフルーツは、一口目、ドキドキします。。

エバー航空のフルーツは、それこそ「毒の味」しませんでしたけどね。



あっという間に台湾に到着

機内食を無理やり食べさせ、片付けてもらうと、子どもたちは少しウトウト。

でも、機内エンタメを楽しみたいからか、必死に起きてリモコンをいじる。

ゲームに飽きたら、えるちゃんもエイチも、ディズニー映画「シュガー・ラッシュ」を見ていました。

ゲームのやり方がわからないと、私に聞くのやめてほしんだよね~。通路挟んでるから見にくいし、私だってわかんないしさ。

私も少しウトウトしたけど、入国カードが配られたので、三人分えっさえっさ書いたり、台湾で泊まるホテルの位置を確認したり、予定を立てたりして過ごしました。

三時間半のフライトは、機内食があると、やっぱり早く感じます。

台湾の地形が見えてきて、建物や田んぼが目に入ると、エイチは「お母さん!もう台湾だよ!」とうれしそうでした。あぁ幸せ。台湾に着いたことを喜んでくれている。

17時頃、ほぼ定刻通りに桃園空港に到着しました。外はまだ明るかったです。

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link