子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

2017夏旅行記⑦寧夏夜市で子どもたち大満足!キラキラ笑顔頂きました♡

time 2017/09/05
更新2017/11/15

2017夏旅行記⑦寧夏夜市で子どもたち大満足!キラキラ笑顔頂きました♡

sponsored link

旅行中1回目の寧夏夜市(何回行くんだ!?)

寧夏夜市でパチンコフィーバー

寧夏夜市に到着したら、エイチとえるちゃん、当たり前のようにゲーム屋台のエリアに一直線。

エイチもえるちゃんも、寧夏夜市を知り尽くしています 笑。

どのルートを通れば、人が少ないかも分かっている。寧夏夜市

この日は平日だったけど、夏休みだからでしょうか、ほぼ全部のゲーム屋台が出ています!

寧夏夜市のパチンコエイチとえるちゃんが好きなゲーム屋台は、パチンコ。

中でも、銀色のパチンコ玉をはじく、こういうレトロな台がお気に入り。

(関連記事→『子連れにおすすめ!寧夏夜市のゲーム屋台を紹介〈遊び方・値段・景品〉』

パチンコのあるゲーム屋台をうろうろ。台を物色 笑。ここにするーと決めたら、二人仲良く横に並んで座ります。

我が家は100元分を半ぶんこして、兄妹で分け合ってやってます。お店の人に、子どもたちを指差し、手で「5、5」ってやれば、お店の人はわかってくれる。

寧夏夜市でパチンコをするのを、すっごく楽しみにしていた二人(^^)

あまりにうれしそうにパチンコしているので、よかったねー!と思わずにはいられない。

ゲーム屋台の景品二人とも、この日は絶好調で、高得点の景品(=大人目線でもまぁまぁいいもの)をもらうことができた。

霧が出てくるキリン型手動扇風機✕2台を色違いでゲット。その後、台北地下街で65元で売っているのを見て、母的にも、まぁ納得。だって、パチンコ遊びに100元って、けっこう高いもん。

あ、でも、今回の旅行では、二人とももう小学生だし、「自分が買いたいモノは、自分のお小遣いで買う」というルールでやってみました。

我が家はお小遣い制でないので、二人の軍資金は、お年玉ということになります。

寧夏夜市でお腹を満たす

パチンコもお小遣いからの支払いだし、この旅行中、台湾にはバンコクに行った後、また戻ってくるから、この日はけっこう早くパチンコを切り上げてくれた。

うれしかったー!パチンコ中、わたしはずーっと横に付き添ってますからね…。

だれも、屋台で買ったものを差し入れてくれたりしませんからね…。(だんなさんが入れば、交代で夜市を回ることが出来るんだけど。)

汗だらっだらでパチンコを楽しんだ二人は、「あぁ、楽しかった!やっぱりここのパチンコが一番楽しい!」と、お顔すっきり・お目々キラキラで言うから、なんだか幸せな気分になりました。22時近かったけど。。

さぁ、なんか食べよ。

スイカジュース屋台暑くて汗ダラダラだったので、大好きなスイカジュースをそっこーでゲット。40元。

スイカジュース大好き!美味しいよね。ごくごく飲めちゃう。

子どもたちにも、別のフルーツジュース屋台で、パイナップルジュースを購入。美味しいんだけど、ちょっと薄かったようで、子どもたちには不評。50元もしたのに~。

その後、1串10元(でないものもある)の具材をセルフで選んで焼いてくれる、串焼き屋台でオーダーし、引き換え札をもらっておく。

微笑碳烤  寧夏夜市「微笑碳烤」

この屋台「微笑(スマイル)碳烤」ってお名前なんだけど、屋台のお姉ちゃん、ニコリともしません 笑。

焼いてもらっている間に、側の屋台で、おっちゃんの呼び込みに誘われるがまま唐揚げを買う。「ぽんじり」の唐揚げだった。あー、だから、私たちに「ウォーシーリー、ウォーシーリー」と連呼していたのか。。「おしり」ね。

にわか、台湾語を勉強していた私たち親子は、「わたしは日本人です」=「ウォーシーリーベンレン」=「おしりべんべん」と記憶していたため、親子で「ウォーシーリーって、おしりべんべんのあれじゃね?」って感じで、「?」だったんです。素直に聞いていれば、わかったのにね 笑。

ぽんじり、わたし、苦手なんだよ~。脂っこいから。えるちゃんもアウト。

反対にエイチは、脂身が大好物。(我が家では「脂身」は「ぷにぃ」と呼んでいます。)

ぷにぃの味がする!うまい!と目を見開いて喜んでいました…。わたしとえるちゃんは無理だった。

ぽんじりと普通の唐揚げ、一袋ずつ買ったのだけど、唐揚げは、えるちゃんが食べ、わたしは食べられなかった。ほとんど、エイチ、たいらげる。満足そう…。どちらも60元。

まだ、串焼きは焼き上がらないので、続いて、デザートを購入。

クレープ巻きアイス屋台

九份で売ってる、クレープ包みアイスが寧夏夜市にもあった!アイスがあっさりしていて、美味しいんだよね。45元。

削ったピーナッツ飴と、パクチーも入る。けど、お店の人は、日本人だとわかると、パクチーは?と聞いてくれた。子どもたちも食べるし、なしにした。

エイチにとっては、唐揚げとクレープアイスの夢の共演。(腹壊しそう。。)

寧夏夜市

エイチがガツガツ食べてしまい、えるちゃんもわたしもほとんど食べさせてもらえなかった。

そこで、クレープアイス屋台で、アイスだけ買っているお客さんを目ざとく見つけたえるちゃん。「アイスだけ買って~」。

クレープ巻きアイス屋台

この屋台、アイスだけでも売ってくれるんだね!アイスは3玉。全部味が微妙に違うけど、全部あっさり。こちらも45元だったかな。

たぶん、タロイモ、小豆、パイン?かな。さっぱりしていて、シャーベットに近い。いまいち味ははっきりしない 笑。味薄いけど、素朴で手作り感のある味。暑い日に、脂っこいお口に、ちょうどいいです。

串焼き屋台に戻って、焼いてもらった串焼きを引き取る。ここはスマイル屋台。わたしは笑顔で謝謝。

レバーとか臓物系が食べたかったわたしですが、レバーだと思っていた串は、干し豆腐だった…!お腹空いているのに、ヘルシー過ぎる…泣。他、アメリカンドッグと、豚肉など。…エイチに奪われる。リベンジしたい!

一人お腹ぱんぱんのエイチと、お腹8分目のえるちゃんとわたしで、そろそろ遅いし帰ろうかということに。



寧夏夜市そばの小北百貨に寄る

ゲーム屋台側の、ホームセンターっぽいスーパー「小北百貨」が気になったので、ちょっと覗いてから帰ります。小北百貨

小北百貨 寧夏店  小北百貨 寧夏店

24時間営業で、寧夏夜市のすぐそばだし、ポピュラーなスーパーじゃないけど、お土産調達にけっこう使えそうなスーパー?ディスカウントストア?でしたよ!おすすめ。

寧夏夜市近くの円環23時を過ぎても、夜市の側の円環では、子どもたちがキャッキャと噴水で遊んでいました。

エイチとえるちゃんにも、「あとはホテルに帰るだけだし、濡れても構わないから、遊んでみれば?」とけしかけるも、興味はあるけど大胆になれない二人 笑。さすが我が子!

噴水を横目に、華陰街にあるホテルに歩いて帰ります。

行きはお店がたくさん開いていたけど、夜はすっかりシャッターが下り、真っ暗でした 焦。人通りも車通りもほとんどないし、ちょっと怖かった。

コンビニの灯りが見えるとほっとしました。

初日の夜中…

子どもたちはすぐに就寝。私は…

ホテルに着いてすぐに、寧夏夜市が楽しかったからか、二人は超ご機嫌で、シャワーを浴びてました。

どっちのレバーを回せばいいのか、水が出るのかお湯が出るのか、フォールシャワーにビビる全裸の二人がかわいかった 笑。

どうにか子どもたちは、24時前に就寝。

初日から、いっぱい楽しみました。

しかし、その夜、他の宿泊客がうるさくて、わたしはなかなか眠れず。

あまりにうるさくて、廊下に出てみると、なんと隣の部屋のドアが開けっ放しで三人の女性が大声で話をしているではないか。。

廊下からドアの開いた部屋に向かって、女の人に「シーッ」ってやったら、気まずそうにドアを閉めてくれた。どういう神経してるんだか。

それでやっと眠れた…。



台湾・タイ旅行 1日目の「ひとこと日記」

行きの飛行機の中で書いていました…。

エイチ

「飛行機で き内食まじで まずいんだ」

えるちゃん

「まちにまったりょこうです。一週間、とまります。いえのおてつだいは、りょこうにいくので、できません。」

(ひとこと日記には、お手伝いができたら色を塗る欄があり、気になったみたいです 笑。)

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link