子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

台湾人が愛するパイナップルケーキ『佳徳糕餅(ChiaTe)』本店へ

time 2017/01/27
更新2017/10/14

台湾人が愛するパイナップルケーキ『佳徳糕餅(ChiaTe)』本店へ

台湾人イチオシの『佳徳糕餅(ChiaTe)』のパイナップルケーキ

わたしがいつも台湾土産にしているパイナップルケーキは、『佳徳糕餅(ChiaTe)』のパイナップルケーキです。

友達の知り合いの日本在住の台湾人の方が「絶対ここのパイナップルケーキが一番」と力説されていたし、

やさしい味が、パイナップルケーキ好きの友だちの間でも評判良かったので、

佳徳糕餅(ChiaTe)』のパイナップルケーキをお土産にすれば、間違いないと思っています。

佳徳糕餅(ChiaTe)』は、お店まで行かなくても、台北市内のいくつかのセブンイレブンで購入することが出来る。

短期滞在中でも、セブンに駆け込めば、お土産調達可能なので、助かるんだー。

そう、いつもセブンイレブンで買っているから、お店に行ったことなかったのよ。

セブンイレブンで買うことが出来るのは、パイナップルケーキのみ。

佳徳糕餅(ChiaTe)』は、パイナップルケーキ以外も美味しいと聞いたことがあったので、

今回は楽しみにしていました。本店に初来店です!

『小上海』から2kmくらいかな。タクシーで確か80元くらいでした。

新しい駅、MRT南京三民駅からすぐのところにあるので、かなりアクセスは良くなりました。

帰りは南京三民駅からMRTでホステルに帰る、という計画です。

びっくり。佳徳糕餅(ChiaTe)本店は、長蛇の列。

『佳徳糕餅(ChiaTe)』本店

タクシーを降りて、びっくり。一瞬ひるんだ。

こんなに並んでいるの~!?飲食店じゃなくて、パイナップルケーキ屋さんだよ!?!?

お店の前に、3重に50人は並んでいる。混雑のため、入店規制している模様。

子連れだし、この長蛇の列に耐えきれるかしら…。

旦那さんと相談。「やめる?でも、せっかく来たしねぇ…。」

意を決して、並ぶ。

子どもたちは、列から外れて、道の隅の方で手遊びをしたり、旦那さんとお相撲したりして待っていました。

ご機嫌でよかった…。

並んでいるのは、たぶん中国人観光客と地元の人がほとんど。日本人もちらほらいました。



20分位待ち、やっと入店

佳徳糕餅(ChiaTe)本店店内は、入店規制していてもすごい混雑。みんな、超大量に買うんだよ!!

もうね、ダンボール箱買い。ダンボールを、ワゴン車にどんどん運び入れていく。

佳徳糕餅(ChiaTe)本店5個入りの空き箱が下に並べてあるので、バラ売りになっている各種ケーキを、自分で箱に詰めていきます。

自分で箱に詰めなくても、レジで20個入りが欲しいと伝えれば、箱入りパイナップルケーキをダイレクトに買えるようです。

パイナップルケーキ以外にも、よくイチオシされているクランベリー味、イチゴ味、パイナップル&卵黄、ナツメ?味を購入。

バイキング形式が子どもたちには楽しいようで、積極的に選んでくれました。(いつもだったら混んでいるからグズるのに。)

混んでいるので、長居は無用。

お土産用にたくさん購入する予定の旦那さんに会計を任せて、子どもたちとお店の外に退散します。

お店の外の列は、20人ぐらいと短くなっていました。

こんなに人気のあるお店だったとは。正直意外でした。

私が思う以上に、台湾の人たち、中華圏の人たち?の佳徳糕餅(ChiaTe)への愛は、深いような気がしました!

何味が美味しかったかというと…

ところで、帰国後に食べた佳徳糕餅(ChiaTe)のパイナップルケーキ&その他の味の感想はと言うと、

一番美味しいのは、結局パイナップルで、次に美味しいと思ったのはイチゴ味でした。

卵黄はボソボソしていて、おすすめしません。。

よく口コミ等でおすすめされているクランベリー味は、酸味があって、クランベリーまるごと入っていて美味しいのですが、

周りのクッキー生地のやさしい味と馴染まないように思いました。

佳徳糕餅(ChiaTe)のパイナップルケーキの良さは、「優しい感じ」だと私は思っています!

微熱山丘(サニーヒルズ)のパイナップルケーキは、完成度が高い世界に通用するお菓子だと思うけど、

佳徳糕餅(ChiaTe)のパイナップルケーキは、台湾らしい、なんだかほっとするお菓子だなと思います。

(ちなみに、微熱山丘のパイナップルケーキも、佳徳糕餅のパイナップルケーキも、共に一つ約200キロカロリーなのだ!)

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link