子連れで台湾旅行・タイ旅行 子育て世代の海外旅行術

魅力的な昼間の臨江街夜市を抜け、ホテルへ。レトロな建物がたまらない!

time 2017/01/19

魅力的な昼間の臨江街夜市を抜け、ホテルへ。レトロな建物がたまらない!

昼間の臨江街夜市

「臨江街観光夜市」と名前があるくらいですから、夜市が楽しそうなのはわかります。

でも、臨江街夜市の通りは、昼間もおもしろかった。

昼間の臨江街夜市の朝市お昼前に、ホテルに向かうため通ったのですが、生鮮市場のようになっていました。

野菜や果物、肉、魚、貝、乾物、衣類、生(?)臭豆腐…。

食べ物の屋台も出ていますから、小腹も満たせます。

見るもの全てがおもしろかった。南門市場とかのストリートバージョンだね、こりゃあ!

ガイドブックでよく紹介されている「雙連朝市」より、活気があって、ディープで面白いと思いました。

今まで行った朝市、市場の中でも、一番の面白さでした。

もしかして、冬だから面白かったのかもしれません。

生肉も生魚も冷蔵されずに売られているけど、冬だから安心して見てられるし…?

昼間の臨江街夜市    昼間の臨江街夜市

秋から冬にかけて出回るキンカン。

山盛りのしらす干しと干しエビ。こんなの売っているの初めて見た!おいしそ~!

昼間の臨江街夜市

カラスミも売っていました。干物屋さんでしょうか。

昼間の臨江街夜市

レンブも。その後ろはお肉屋さん。

昼間の臨江街夜市     昼間の臨江街夜市

饅頭(マントウ)屋さん。漬物屋さんも。漬物屋さんでは、生?臭豆腐、臭豆腐になる前の豆腐?も売っていました!

昼間の臨江街夜市   昼間の臨江街夜市

衣料品も売っています。至る所でバーゲン状態。私も混ざりたかった 笑!

屋台やシート広げただけのお店も魅力的だったけど、もともとこの臨江街観光夜市の通りにある商店も、物凄く味がある。

昼間の臨江街夜市    昼間の臨江街夜市

仏具屋さんに豆などの乾物屋さん。

あとで詳しく紹介するけど、この辺り、レトロなおもちゃ屋さんがいくつかあり、すごく懐かしい雰囲気でした。

子連れにもおすすめ 笑。

興味深いお店が山盛りで、昼間の臨江街夜市、大好きになりました!

ホテルは住宅地の中

臨江街観光夜市の通りを進んで、小さなコンビニHi-Lifeがある路地を右に入り、

建物内蔵型お寺?を通り過ぎたらすぐに右に曲がるとホテルに到着です。

旦那さんも一緒に、3日間泊まるホテル「アミーゴ ホステル(多米 101 飯店)」です。

アミーゴホステル(多米 101 飯店)

この茶色い扉の建物がホステルになっているの。

ホステルの隣は、内蔵型寺院なので、提灯が写ってますね。

茶色の扉は使われていないので、横の白い裏口のようなドアを開け入ると、

気づいたホステルのフロントのお姉さんが出迎えてくれました。

ホステルのルールなど、説明を聞いたら、まだチェックイン時間前なので、とりあえず荷物を預けて、お出かけです!

ホステルの周囲の建物も、とってもレトロで、私の大好きな雰囲気!

すごくすごく素敵な建物(もちろん普通に人が住んでいる住居なんですが)、憧れてしまう~。

臨江街

たくさん写真撮ってしまった。

これからどこに行くかというと、台北101です!!

ホステルのお姉さんによると、歩いて行けるから、とにかく台北101の見える方向へ歩け…だって。

20分位だそう。

子どもたち、疲れないかな、と思ったけど、どうせ駅に行くのも10分かかるしね。歩くと決めた!

旦那さんがそろそろ桃園空港に到着するので、台北101で待ち合わせなんです。

sponsored link

down

コメントする




子連れ海外旅行の知恵袋

子連れ台湾旅行記

日帰り台湾旅行

お問い合わせ

プロフィール

こいのこり

こいのこり

はじめまして。サイトを見てくださってありがとうございます。 自己紹介を読む



sponsored link